ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

ももクロin女川復幸祭

 前の日記でも触れましたが、弘前市からはるばる340km離れた宮城県女川町まで遠征して、「女川復幸祭」のももいろクローバーZのライブに参戦してきました。当初は13:00~14:00のライブで、14:10~14:30はももクロのマネージャーの川上さんと「水曜どうでしょう」のプロデューサーの方とのトークショーの予定でしたが、諸事情(お察し)でこのトークショーは中止。結果、ももクロライブが13:00~14:20ぐらいとなりました。川上さんの話も興味があったが、まあ、ライブの曲数が増えたほうがうれしかったというのが多くのファンの本音だったかと思います。

 席割りは最前列がA組&女性・子ども、その後ろがB組、さらに後ろがC組で、俺はC組だったので遠かった。隣にいた方は双眼鏡使ってましたしね。さらにC席の後方は女川町民の方には無料開放してました。C席でも、2012年、2014年の朱鷺メッセ(BUMP OF CHICKEN)の会場中央付近からステージまでよりは、いくらか近いかなと感じました。俺は視力が悪いので、メンバーの表情などまで確認するのはとても無理だったけれど、かなこ↑↑(赤)が「行くぜっ!怪盗少女」でえびぞりジャンプをしたのは、おー!やったー!と見えました(笑)

 セットリストはネット各所に上がっていますが、以下の通り。

1.overture
2.夢の浮世に咲いてみな
3.Chai Maxx ZERO
4.行くぜっ!怪盗少女
 MC自己紹介
5.仮想ディストピア
6.ニッポン笑顔百景
7.DNA狂詩曲
 MC
8.サラバ愛しき悲しみたちよ
9.ももクロのニッポン万歳
 【アンコール】
10.ツヨクツヨク
11.走れ!
12.青春賦

 聴いていたときも、被災地であるこの場を意識したセットリストなのかな?と少し感じたのですが、れにちゃん(紫)のブログにも、そういう趣旨のことが書かれてましたわ。やっぱりそうだったんだなあと思いました。むしろ「仮想ディストピア」(2013年「5th DIMENSION」収録)は震災後の曲だけに、こういう場で歌われることを想定されて作られたんじゃないかとさえ思えてきました。さすがにそこまで考えてなかったかもしれませんが、それぐらい場にマッチしていたと感じました。改めてセットリストを眺めると、限られた時間、曲数の中で練りこまれているなあと感心しました。ううむ、すごい。しかも、これはチャリティライブでチケットは2500円です(経費以外は女川町の子どもたちへ寄付) この内容で2500円はコスパ最高ですよ(笑) ライブビューイングより安いし。来年は3500円にしても問題ない。

 ライブイベントには毎年1~2回ほど参加していますが、ももクロというかアイドルのライブは人生初でした。JR石巻線の車内でもメンバー色のハッピやらジャケットをまとった方がたくさん乗ってましたし、このノリに俺は対応できるのだろうか?と正直、開演待ちしていたときも少々不安だったのですが、終わってみれば何の問題もなかった(笑)初期の曲はファンがつけたコール(セリフめいた合いの手?)が多いですが、セリフめいたところはあんまり知らんし、メンバーの名前を呼ぶ部分だけ合わせればOK。まあ、そうじゃない部分(もちろん曲中でもトークでもない部分)で「ももかー!」と5,6回叫んだりしてましたが。高ぶりすぎ、バカになってましたね、俺(笑) 

 音響も何もあったものではない競技場の特設ステージにすぎません。でも、ももクロの5人が来てくれて、その場のみんなが楽しんでいればそれで十分だった。ももクロに限りませんが、こういうシンプルなステージや演出のほうが好きですね、俺は。ファン以外の世間一般的にはグループ名、あるいはかなこ(赤)しか認知されてないと思いますし、赤が人気と思われるかもしれませんが、実際にライブに参戦してみると、ファンの着ている色はほぼ均等で、特定の色が突出して多いとはとても思えません。それとファン層の老若男女の偏りもあまり感じません。まあ、女性限定ライブやったりするぐらいだもんなあ。西日本まで遠征するのは難しいですが、東日本でライブあるときはまた来たいなと思いました。いやあ、これはクセになりそうですよ。

ももクロ看板

海ステージの先

女川駅


 写真はライブ後の客席案内図、それと前回載せられなかった女川駅前の更地、それと女川駅。来年も女川にももクロはきそうですし、そのときはまた参戦したいです。ライブも大事ですが、1年前といい意味でだいぶ変わったなあと女川を感じられたら、それはすばらしいのでね。
スポンサーサイト

テーマ:ももいろクローバーZ - ジャンル:アイドル・芸能

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年名古屋大賞典展望 | HOME | 15年阪神大賞典回顧~金舟阪大三連覇~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |