ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

レース名にモノ申す

 この間の週末はドバイミーティングが競馬ファンの注目を集めましたが、その影でオーストラリア遠征をしていた昨年の有馬記念2着馬・トゥザワールドがGI・ザBMWで1.3馬身差の2着と好走していました。オーストラリアは決して賞金も低くはないですし、近年、日本馬の好走も目立っています。ただ、今回書きたいのは馬の話ではなく、レース名です。「ザBMW」……インパクトあるレース名です。世界には「ザ・ポルシェ」や「ザ・フェラーリ」「ザ・FORD」なんてレースもあるんでしょうか。「ザTOYOTA」「ザNISSAN」「ザHONDA」や、さらには「ザHINO」「ザISUZU」なんてレースがあったら面白いのになーと思います。

 海外のレース名ではなく、地方競馬と比べても中央競馬のレース名は無味乾燥というか面白みもなく、愛着のないレース名が多すぎる。そもそも施行条件もころころ変わりますし……。地方では「おらが競馬場の名馬」を記念したレースがスムーズに作られます。近年だと、フジノウェーブ記念やラブミーチャン記念でしょうか。中央競馬には名馬の記念レースが少なすぎる。カブトヤマ記念は廃止になりましたしね。副題ではなく主題として命名されているのはシンザン記念とセントライト記念のみ。近年、「○○メモリアル」だの「●●カップ」という条件戦を当年のみで行なったりしていますが、やはり「□□記念(GIII)」と例年開催されるレースとして欲しいものです。

 そもそもがつまらないレース名が多すぎる。フェブラリーSしかり、ヴィクトリアマイルしかり、果てはチャンピオンズCですか……。GIですらこれですから、GII、GIIIは言うまでもない。できれば顕彰馬に選出された馬、すべてに記念重賞があっていい。いきなりそこまでは無理としても、牡馬三冠を制した馬の記念レースはあっていいと思うのです。それならセントライトとシンザンは既にあるので、ミスターシービー記念、シンボリルドルフ記念、ナリタブライアン記念、ディープインパクト記念、オルフェーヴル記念の5つを既存のレース名を改称すればいいだけの簡単なお仕事です(笑) できればそれぞれの馬とゆかりのあるレースがベストですが。

 きさらぎ賞は歴史がありますが、思い切って「オルフェーヴル記念(NHK賞)GIII」。ディープは……出走重賞を変えにくいので、歴史もクソもないホープフルSを「ディープインパクト記念GII」にしちゃいましょう!ブライアンは重賞に成り立ての京都2歳Sを「ラジオNIKKEI杯 ナリタブライアン記念GIII」でどうでしょうか。ルドルフは新設重賞のいちょうSの前身の前身であるいちょう特別を勝っているので、いちょうSを「シンボリルドルフ記念GIII」でOK。シービーは「朝日」も取れて意味不明になったチャレンジCあたりを「ミスターシービー記念GIII」に。チャレンジCなんぞよりシービー記念のほうがよほど重みがあって良い。

 まあ、芝のレース、特に古馬のレースは歴史の重みが大きいものが多いので、いじりにくいですが2歳戦は新設重賞が少なくないので、記念競走にしてほしい。ただ、王道路線よりもダート重賞や牝馬重賞はひどすぎるレース名が多いので、これも代えて欲しいものです。武蔵野SとかマーチSとかアンタレスS,プロキオンS、レパードS、マーメイドS、フローラS、フィリーズレビュー……ほかいろいろ。フィリーズレビューなんぞにするぐらいなら4歳牝馬特別(西)で良かったと思う俺はOSSANなんですかね?(笑)ともかく、中央競馬のレース名はなんとかしてほしいと常々思っていたので、あれこれつづってみました。
スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<続・くるま選び | HOME | 15年高松宮記念回顧~マッハヴェロシティ(違)~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |