ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年東京SP&大阪杯回顧

★東京スプリント予想結果★
◎ダノンレジェンド………完勝
○ドリームバレンチノ……6着
△シゲルカガ………………2着
△グレープブランデー……4着
△サトノタイガー…………7着

 終わってみれば人気のダノンレジェンドの完勝。逃げたシゲルカガを番手マークから、直線半ばでアッサリ捕まえました。これは多くの人が予想したことだろうと思いますが、ドリームバレンチノがあんなに伸びないとは予想外。3連複2軸3点で買ったのですが玉砕しました。地方馬最先着はサトノタイガーではなく、ジョーメテオがしぶとく伸びて5着でした。この面子で5着なら南関重賞だけでなく、他地区の小回り交流重賞でまた馬券に絡むこともありそうです。

 ダノンレジェンドはこれで重賞3連勝。不良馬場で時計の出る馬場も合ってそう。絶対的なスピードが他のダートスプリンターとは違う印象。中山でも高知でも大井でも、まるで違う条件でも完勝。交流重賞に染まりきっていないので、中央重賞に出てきても勝ち負けだろうと思います。今年のJBCスプリントの最有力候補なのは衆目の一致するところだろうと思います。この馬がターニングポイントとなるとまで、丸田くんは言っています。そうかもしれません。この馬ならGIを勝てる器でしょうしね。

 ドリームバレンチノは外枠でしたが、道中でインにもぐりこむといういつもの岩田的騎乗。コースロス少なくいい感じと見ていたのですが、4角過ぎても一向に伸びず……最後はジョーメテオにも交わされる始末。岩田は敗因に言及していませんが、年齢と交流重賞になれすぎたことでしょうか。かつてはロードカナロアと芝で接戦だったこの馬も、もはや速い時計には対応できないのかもしれません。今後はセイクリムズンのような馬になるような気がします。

 逆に新味のあったシゲルカガは不良馬場で快速が活きたように思えますが、勢いがあり格上のダノンレジェンドはさすがに振り切れなかった。芝ダとも1200でしか連対のない馬ですが、交流重賞なら、今なら1400でもやれると思います(かつて兵庫ジュニアGP4着) グレープブランデーとノーザンリバーは一緒に伸びるも離れた3,4着争い。グレープは1200にも対応はしてもベストではなかった。ノーザンはやはり休み明けでしょうか。ただ、どちらも主役にはなれなかった馬という印象。

★大阪杯予想結果★
Bラキシス………………完勝
Bエアソミュール………3着
Bロゴタイプ……………5着
Bカレンブラックヒル…8着
Bデウスウルト………6着

 キズナに来られたら仕方ないと思って買いましたが、キズナに来られました(笑)仕方ない。単なら取れたかもしれませんが、そうなると高配当までは望めないですしね。キズナがきたので複式馬券はついていませんが、2着だったので単式馬券は逆にけっこうな配当だと思います。

 ラキシスは昨年のエリザベス女王杯馬ですが、牡馬相手の重賞でも再三再四、好走をしており、ここでも通用するとは思いましたが、不良馬場でキズナ以下を差して突き放す圧巻の内容。気難しくないスイープトウショウという印象になってきました。去年のVマイルで大敗していますし、マイルは短いようです。宝塚記念を狙ってくるのではないでしょうか。有馬記念でも0.2差6着の馬です。勝負になるはず。

 キズナはダービー馬ですが、ここまでGIはそのダービーだけ。仏遠征の内容を考えても、GIがダービーだけという力ではないと思いますし、馬場が渋っても対応はできるわけですが、ベストは府中や京都のパンパンの良だろうと思います。再度の仏遠征を示唆していますが、オルフェーヴルほど強いわけじゃないし、馬場適性も同様でしょう。秋は普通に秋天からJCというローテで見てみたいところです。次は春天のようですが、距離がどうなんですかね?

 正直、スピルバーグは一銭もいらんと思っていましたし、実際に馬券にはなっていないわけですが、道中最後方から4着まで突っ込んできました。阪神内回りの不良馬場でここまで来るとは予想外。府中なら馬場が渋っても軽視はできない。エアソミュールは毎度、大して人気になりませんが、3戦連続のGII3着。4走前ではスピルバーグを破って毎日王冠も勝っています。GIには届かないのかもしれませんが、どこかで高配当の使者になると思っています。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年桜花賞展望 | HOME | 15年東京スプリント展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |