ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年皐月賞回顧~近代日本競馬の結晶~

★皐月賞予想結果★
◎ サトノクラウン………6着
○リアルスティール………2着
▲ドゥラメンテ…………完勝
△ ブライトエンブレム…4着
△ キタサンブラック……3着
△ ベルーフ………………12着
△ ダノンリバティ………8着

 3人気のドゥラメンテが大外一閃で他馬を差しきり、三冠ロードの一冠目を制しました。デムーロはこれで現役最多の皐月賞4勝目。皐月賞男ですね。2着に2人気のリアルスティール。3着に4人気のキタサンブラックと上位人気馬が上位を占めました……が肝心の1人気のサトノクラウンは直線で伸びを欠いて6着に沈みました。勝つのはルメールとデムーロに決まってる。サトノ……関東馬……でも無敗の弥生賞馬。ならルメールか?と思ったのですがデムーロでした。2,3,4人気馬の3複で3110円かあ。これは取っておきたいレースでしたよ。ううむ。

 デムーロは4角で他馬の前を大きくカットして来週から4日間の騎乗停止。当然の処分ですが、勝った馬の能力とは別の話。中山で、あの位置から他馬をブッコ抜く脚は尋常ではない。この馬だけ上がり33.9と33秒台。2番目の上がりがリアルスティールとサトノクラウンの34.5で0.6も違う。他馬の上がりは概ね35秒前後。他場で上がり33秒台は今時珍しくないですが、皐月賞でこの上がりは驚愕。33秒台の上がりで勝ったのは過去にダイワメジャーのみ(33.9、負け馬なら他に3頭) デムーロの談話では、今日も少しカカっていたようです。これが完成したらどんな馬になるのやら。曾祖母ダイナカール、祖母エアグルーヴ、母アドマイヤグルーヴ。まさに近代日本競馬の結晶たる馬。気性面は気になりますが、血統的にはむしろ2400でもっといいはず。将来が楽しみな馬です。

 リアルスティール・福永はソツなく乗りましたし、普通なら勝っていた内容。相手が悪かった。猛烈にカカって普通なら大敗して当然の共同通信杯ドゥラメンテを考えれば、一応、抑えが効いた状態のドゥラメンテとはこれだけの差があったということでしょうか。リアルスティールにしても、キャリア1戦で重賞制覇の馬ですし、並みの馬ではないはずです。事実、3着の3戦無敗のキタサンブラックを突き放している。でも、ドゥラメンテの剛脚の前にはかすんでしまった。キタサンブラックは交わされそうになりながらもリアルに抵抗し、ブライトエンブレムの追撃は振り切っている。伊達に無敗でTRを勝った馬ではなかった。ただ、ちょっと決め手に欠ける馬のような気がします。キタサン史上最強馬ではあろうと思いますが。

 サトノクラウンは4角でドゥラメンテの煽りを受けましたが、ダノンプラチナやベルラップのように前をカットされたわけではなく、ドゥラメンテ並みに強ければ2着争いに食い込めた。4角よりも、スタートでやや出負けした結果、後方からの競馬になったほうが痛かったと思いました。すっと好位を確保して抜け出す競馬をイメージしていただけに。ただ、勝ち馬にあれほどの鬼脚を見せ付けられると、スムーズな競馬だったとしても2,3着争いだったのかもしれません。ルメールも上手いけれども、デムーロはもっと上ですね。少なくとも日本では。TRでは弥生賞組を上に見たのですが、既にそれが間違っていたようです。スプリングS組を中心視すべきだったようです。

 それにしても、俺が大学生時代に何度も現地で見ていたエアグルーヴの孫がGIを勝つ時代かあ。時の経つのは早いものです。俺も白髪が年々増えて、OSSANになるわけだなあ。グラスワンダーの孫(スクリーンヒーロー産駒)も活躍しているしねえ。アグネスレディー、アグネスフローラを生で見ていた人が、アグネスフライト/アグネスタキオンを見ていたときにこんな気持ちだったのかなあと、ふと想いをはせました。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年羽田盃&東京プリンセス賞展望 | HOME |  『日本列島』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |