ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年天皇賞・春回顧~三度目の正直~

★天皇賞・春予想結果★
◎アドマイヤデウス……15着
○サウンズオブアース…9着
▲ウインバリアシオン…12着
△キズナ…………………7着
△ラストインパクト……4着

 ゲート入りを嫌がり、スタートで出負けして最後方に置かれましたが、2周目向正面で徐々に進出し、スタミナ勝負の消耗戦に持ち込み、3度目の挑戦にしてついにゴールドシップは天皇賞馬となりました。馬券は大ハズレでしたが、チンタラ走って終いだけの天皇賞ではなく、見ごたえがありました。2着に外から飛んできたフェイムゲーム、3着に前々でねばったカレンミロティックでした。1人気のキズナは伸びずに7着、俺が期待した8枠3頭は中団から伸びるどころかさらに失速。ウインバリアシオンは故障して競走能力喪失。一命を取り留めたのは不幸中の幸いでした。

 勝ったゴールドシップはこれでGI6勝目、通算13勝目、賞金総額もオペラオー、ジェンティルドンナに次ぐ3位。我が強くてムラっぽいですが歴史的名馬。記録にも、記憶にも残る馬となりました。阪神大賞典は「二度あることは三度ある」、春天は「三度目の正直」でした。勝つとすれば早めに動いての消耗戦しかないわけですが、そうなりました。ノリ騎手の談話に「今日は馬と私の戦いでした。勝ったのはゴールドシップです」とありましたが、レース談話に聞こえないから困る(笑) でも、他馬は関係ない。ゴールドシップが力を出し切れば勝てるということを言っていたんじゃないかなと感じました。事実、勝ったわけですし、それも自力で動いてのものですしね。しかし、勝てなかった天皇賞を勝ったのだから、三連覇のかかる宝塚も……と自信を持っていえないのがゴールドシップのゴールドシップたる所以。宝塚でなくてもいいですがGI7勝目を期待したい。

 クリールカイザーがよどみなく引っ張り、ゴールドシップが押し上げたペースは、16Fの長丁場ですが、13秒台は一つもない。スタミナと底力がない馬は上位に来れなかった。道中でなし崩し的にスタミナを削られる展開。そういうペースが2着のフェイムゲームにも合っていた。33秒の末脚を要求される流れでは5,6着までだったんじゃないかと思います。そういう展開にはならないんじゃないかと思ったのですが、結果、ゴリゴリの消耗戦。今回の結果は宝塚記念にもリンクするかもしれません。カレンミロティックは思っていたよりもずっとスタミナがありました。終始前にいて粘りこみましたから。牝馬のデニムアンドルビーは見せ場がなかったですが、阪神大賞典の1,3,4着馬が春天でも1,3,4着(3,4着は逆だが)ですしね。ラストインパクトはディープ産駒ですが、母母がパシフィカスですし、母系からスタミナが補充されているのかも。

 ユタカはいつものように「よくわかりません」とよくわからない談話を残していますが、結果的に3200は明らかに長いと見るほかない。2000mぐらいがベストの中距離馬ではないでしょうか。3200よりはまだ1600のほうが合ってそう。それと故障もあって、能力も1段落ちてるのかもしれません。人気ほどアテにできる馬ではないと思ってましたが、思った以上に伸びなかったなあ。とても凱旋門賞うんぬんとは言えない。ディープスカイのような使い方が馬の持ち味を活かすにはいいんじゃあないかと思うのですが。よくわからないのはむしろアドマイヤデウス。クリールカイザーとスズカデヴィアスはキツい流れを前で競馬してバテたからわかります。デウスは中団後方にいたのに、バテた2頭に先着しただけ。一番見せ場がなかった。故障したウインバリアシオンにも1.8も離される始末。こちらのほうがまったくわけがわからない(笑) 論外だと思った最低人気ネオブラックダイヤの5着というのも驚いたなあ。消耗戦が合ってたのかもしれませんね。

 天皇賞は終わりましたが、明日からは交流重賞3連戦。中央の負けは地方で取り返したいところです。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ふぃっと | HOME | 15年天皇賞・春展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |