ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年東京優駿回顧~親を超える~

★東京優駿予想結果★
◎ドゥラメンテ………優勝
○リアルスティール…4着
▲サトノクラウン……3着

 2012年生まれのサラブレッドの頂点を決める第82回東京優駿(日本ダービー)でしたが、勝ったのは1人気のドゥラメンテ。皐月賞に続いての勝利でクラシック二冠を達成。父キングカメハメハが持っていたダービーレコードを0.1秒更新するレコード勝ちのおまけもつきました。鞍上のミルコ・デムーロは2003年ネオユニヴァース以来のダービー制覇。2着に追いすがっていた岩田騎乗のサトノラーゼン。3着に上がり最速で後方から伸びてきたルメール騎乗のサトノクラウンでした。2人気の皐月賞2着馬リアルスティール(福永)はやや伸びを欠いての4着でした。概ね上位人気馬が力通り走ったレースと思います。5着に16番人気のコメートが激走していますが。しかし、終わってみれば、ミルコ、岩田、ルメールというよくあるGI結果だなあ。

ドゥラメンテは道中中団待機でしたが、思ったよりも前での競馬でした。ミルコの談話にあるように1角過ぎあたりまではカカってもいましたが、その後はギリギリで抑えが効いていたように見えました。1000が58.8というハイペースの中、直線では前走同様に鋭い末脚(上がり33.9)を繰り出しての完勝。まさに近代日本競馬の結晶と言える馬です。血統から当然かもしれませんが、スピードやキレだけでなく、豊富なスタミナも見せてくれたと思います。まだ若い、荒さの目立つ馬で、ダービー馬となっても、まだ真価を見せていない。無事に秋を迎えられたら三冠は濃厚でしょう。三冠を見たいという想いがある一方で、この馬が秋、凱旋門賞へ挑む姿も見たい気がします。三冠を蹴って凱旋門賞なんてカスケード(漫画『みどりのマキバオー』)みたいですが、あながちありえない話でもないように思います。

 サトノラーゼンは意図的なのかわかりませんが、ドゥラメンテをマークするような形での競馬。そして、一緒になって伸びてきましたが、残り100で振り切られ、同馬主のサトノクラウンの追撃をハナ差振り切って2着。いや、クラウンは買っていましたが、ラーゼンのほうは買っていなかったので、「差せ!差せ!差せえー、ルメール!!!」とテレビに叫びましたが、テレビに叫んでも無反応でした(笑) ルメールの談話では「出遅れました」と言ってますが、別に出遅れてないような?むしろ行き足がつかなかったというように見えます。結果、位置取りが後方となり、後手後手の競馬になってしまった。もっと前にいたら、ドゥラメンテにかなわないとしてもラーゼンとのハナ差はひっくり返せたと思えてなりません。ラーゼンとの差は岩田とルメールの差のような……?

 リアルスティールはカカったのかよくわかりませんが、福永の談話では「頭を上げてハミ受けが悪くなった」とあります。それはともかく「あの馬の後ろにつけるのは作戦通り」というのが解せない。後ろにつけるということは、溜めればドゥラメンテ以上の末脚を繰り出せると踏んでいたことになります。しかし結果はこの通り。ドゥラメンテが前にいて、しかもドゥラメンテに上がりでも負けている。完敗。そしてサトノクラウンに楽に交わされてしまった。4着という結果はペースもあるし、あるいはやや距離も長かったのかもしれないし、相手もあることだから仕方ない。でも、ドゥラメンテの後ろにつけるという計画はそもそものミスだったように思えてなりません。それこそ三冠馬になりえる馬でなければ福永がダービーを勝つ日は来ないかもしれない。キタサンブラックはやはり長かったのでしょう。それとハイペースを二番手追走というのもキツかった。レーヴミストラルは兄アプレザンレーヴより着順は悪いですが、能力的には似たようなものなのかも。

 ガチガチの馬券を買って玉砕しましたが、人気3頭で決まるとも思えませんでしたし、3単(3複でもいい)14-1,7=1,7,11,13あたりで勝負するのが良かったのかなと後悔しました。単1.9倍の皐月賞が完勝し、京都新聞杯馬が2着で皐月賞1人気の弥生賞馬が3着。これで3単16000円弱、3複4000円弱。取れた人にはおいしい配当だったろうと思いますし、これは本命党なら十二分に狙えた馬券でもあった。候補を絞り込むまでは良かったですが、買い方がどうにもヘタクソですね、俺。もっと買い目についてじっくり考えたいと思います。今日から地方競馬でもダービーウィークですが、明日の岩手ダービー。圧倒的人気はロールボヌール。最大効率な買い方をよくよく考える機会にしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<音楽と音質 | HOME | 15年東京優駿展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |