ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

REFLECTION

 ミスチルの2年7ヶ月ぶりのアルバム『REFLECTION(Drip/初回盤)』を購入、聴いています。今回はNakid、Drip(初回盤)、Drip(通常盤)と3種類あります。関心のある方はググってもらえればと思いますが、Drip通常は普通に14曲収録のCD1枚のみ、Drip初回はDVDも加わります。ここまではよくある話ですが、Nakidは数十ページに渡るブックレット、何よりUSBメモリに23曲収録(ハイレゾ音源&MP3-320k)、Drip初回同様のCDとDVDもつきます。曲数違いは大きいのですが、Drip(初回、通常)を購入しても、Nakidにのみ収録の9曲を専用サイトから1曲250円でダウンロード購入はできます。でも9曲×250円=2250円かかりますが(笑) NakidはNakidでアリとは思いますが、価格が上がってでもCD2枚組&DVDの初回盤を出して欲しかったというのが多くのファンの本音じゃないでしょうか。

 Nakidにのみ収録の曲は聴いていないので何も書けませんが、Dripの感想。前作『[(an imitation) blood orange]』は正直、刺激がなさすぎて、どのミスチルのアルバムよりも聞き込まなかった。元々、毒気があり、アップテンポな曲を好む俺の嗜好もあるのですが。今作は配信シングルの『REM』が『マシンガンをぶっ放せ』『フェイク』などの系統だったので、もともと期待していましたが、期待通りの内容でした。とは言っても『深海』『BOLERO』のように病んでるわけでもなく、『IT’S A WONDERFUL WORLD』『シフクノオト』あたりの雰囲気が近いような気がします。ラブソングが好きな人にはあまり向かないかも?『REM』は曲調としては今作で一番とがっていますが、歌詞は『fantasy』や『WALTZ』のほうがとがってるかも。とりあえず、このDripを聴きこんだあとに、残り9曲をダウンロード……しちゃうだろうなあ(笑)

 ただ、AMAZONなどでは「最高傑作」とベタボメしているレビューが散見されますが、そこまでではないと思います。確かに捨て曲はないし、粒ぞろいとは思いますが、『IT’S~』や『深海』のようなアルバムとしての一体感があるかといえばそうでもない(Dripだから?)。それと以前に聴いたような曲も混ざっている(『Melody』など)からかな。あくまでも近作(ここ10年ぐらい)の中では良いというところだと思います。スタジアムツアーの先行応募サイトの告知があったので、早速応募。今年はももクロの女川復幸祭公演には参加してますが、B’zもBUMPもチケット落選。ミスチルは行きたいなー。ミスチルのライブは2009年の青森公演(終末のコンフィデンスソング)以来行ってないしね。例によって、新潟公演が第一希望。弟が新潟にいるので、滞在費を浮かせるのが第一。あとは新潟公演は比較的取れやすい気がする……いや、B’zの新潟公演は落選でしたが(笑)
スポンサーサイト

テーマ:Mr.Children - ジャンル:音楽

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年安田記念回顧~孫は押し切った~ | HOME | 『自動詞』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |