ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年関東オークス回顧&北海道SC展望

★関東オークス予想結果★
◎アルビアーノ……4着
○ホワイトフーガ…大圧勝
▲ポムフィリア……2着
△ジェットシティ…10着
△スキースクール…9着

 単1.4倍の圧倒的人気に推されたNHKマイルC2着でフラワーC勝ち馬のアルビアーノでしたが、砂では力を出し切れないのか4着完敗。牡馬相手にOP完勝でダート実績では一番だった2人気ホワイトフーガが2着ポムフィリアを2.3秒ちぎる大差勝ちを収めました。3着に浦和のトーセンマリオンが突っ込んできて3連馬券は波乱の結果となりました。3人気の兵庫トーコーヴィーナスは2番手でレースを進めるも、2周目3角過ぎで失速。もう一頭の中央馬スキースクールは直線でまるで伸びず9着大敗でした。

 妙味がないと思いつつアルビアーノ本命にした時点で、俺の予想はダメダメでした。ホワイトフーガ軸の枠単なり馬単が正解だった。ホワイトフーガが負けるとすれば、アルビアーノだけであり、12=5、12→2,8の馬単4点にでもすべきでした。アルビアーノアタマの3単のほか、ホワイトフーガ1軸の3複を抑えで勝っていたのですが、スキースクールもジェットシティも不発で傷口を広げるだけの結果になってしまいました。4月半ばあたりまでは予想も好調だったのですがここ2ヶ月は悲惨すぎる収支です。

 ホワイトフーガは芝のフラワーCでアルビアーノに1.9差をつけられましたが、今回はダートで逆に3.5もの差をつけました。芝とダートでは立場は逆転しました。大差圧勝ではあるのですが、ホワイトフーガが大物かといえば正直そうではないと思います。勝ち時計が2002年、2006年の2分18秒5に次いで遅い。後続がちぎれたのは単純に、他の面子が弱すぎたのだろうと思います。2着が2分20秒台なんて交流重賞になってからないですよ(笑) 今後も活躍してホワイトフーガには俺の予想を裏切って欲しいところ。

 ポムフィリアは自分の力はキッチリ出し切るタイプのようです。でも、着順こそ良いけれど前走は2.3差、昨日は2.4差。今回の賞金加算で準OPクラス入り。大丈夫ですかね?スキースクールはやっぱり距離が長かったんでしょうね。前にいてバテたトーコーヴィーナスを交すこともできなかった。そもそもここまでに勝ったレースの面子も軽かった。アルビアーノはもうダートを使わないでしょうから、芝での巻き返しを期待。ダート適性が案外なかったのと、距離も長かったのかもしれませんね。

☆北海道スプリントC☆
◎ダノンレジェンド
○シゲルカガ

 これはもう1点でいい。というか今日のハズレが痛いし、門別は先週の北海優駿がヒドかったし、観戦料として買うだけ。ダノンレジェンドの目下の勢いには逆らえない。シゲルのほうが短距離色が濃いし、押し切れるかどうか。それだけ。タイセイレジェンドもアドマイヤサガスも人気2頭に先着できるとは思えない。というか道営馬に先着されるおそれのほうが高い。アウヤンテプイは去年も一昨年も4着で、衰えもなさそう。中央からの移籍緒戦のポワゾンブラックもいます……が阪野か。落馬が怖いね(笑)前々走でアウヤンテプイに先着しているクリーンエコロジーとやらも不気味。3連は関東オークス同様に波乱もありそうで、当たる気がしないので馬複1点か馬単裏表だけにします。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<梅酒と点検 | HOME | 15年関東オークス展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |