ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年宝塚記念回顧&スパーキングレディC展望

★宝塚記念予想結果★
◎ゴールドシップ………15着
○ ラキシス………………8着
▲デニムアンドルビー…2着
△ヌーヴォレコルト……5着
△ラブリーデイ…………優勝

 悔しいです。残念です。馬券が外れたことが、ではありません。ゴールドシップは元からアテにならない馬なのは衆知の事実。「三度目の正直」で春天を制したならば、「二度あることが三度ある」と上手くいかないのではないか?という漠然とした不安はありました。だから大敗したこと自体は想定内です。悔しいのは、馬券を買ったのにゲートが開いて、0.5秒でハズレが確定したことです。言い換えれば2分10秒あまりのレース観戦を全く楽しめなかったからです。2分楽しんで、直線で伸びなかったなら良かったんですが。発走に関してはNETKEIBAの柏木集保さんのコラムが詳しいですが、俺も同感です。発走委員はもう少しマシにできなかったのだろうか?

 勝ったラブリーデイは目下の充実ぶりを存分に示したと思います。好スタートから、2番手追走で押し切り。今年に入って重賞4勝。脚質からかコースを問わない強みがあります。距離にカベがありそうですが中距離では安定した強さを見せていくのではないでしょうか。ゴールドシップの3連覇が期待された宝塚記念でしたが、元々、ラブリーデイのように重賞はいくつも勝っているのに、GIには届かなかった馬が勝つレースでもあります。ナカヤマフェスタやアーネストリー、もう少し前ならマーベラスサンデーやダンツフレーム。ゴールドシップ以外では、もっともふさわしい勝ち馬だと思います。目下の勢いを思えば6人気は侮られたとも感じられます。

 それはデニムアンドルビーも同じ。展望でも書きましたが、阪神コースが合ってますね。ただ、今後、阪神コースに出てきた場合はその点でクローズアップされそうで、馬券的な妙味は今回が最大だったのではないでしょうか。今後、ここまで人気を落とすことはないかもしれない。この一年、大敗もありましたが一貫して、牡馬と戦い続けてきました。それが活きているのかもしれません。一頭で抜けた末脚でした。ショウナンパンドラがこんなに頑張るとは予想外でした。今年の2戦が冴えませんでしたから。ただ、大阪杯は明らかに順調さを欠いていたし、二つ叩いてやっと調子が戻ったのかもしれません。牡馬相手のGIでここまでやれたのは今後にとって大きい。

 勝ったのは牡馬のラブリーデイでしたが、5頭も出走した牝馬は2,3,5,6,8着。上位半数に皆入りました。どれも実力馬ということもありますが、正直、牡馬はGIでは場違いという印象が否めない馬も少なくなかったですしね。それもまた宝塚記念でしょうか。明日は川崎でダート牝馬のグレードレース、スパンキング……もといスパーキングレディーCが行なわれます。注目は女帝サンビスタ……もですが、芝のGI3勝のメイショウマンボの参戦でしょうね。奇しくもサンビスタもメイショウマンボも父はスズカマンボで同じです。というか、スズカマンボ産駒はダート適性のある馬のほうがむしろ多い。産駒の中央成績、芝は33勝に対してダートは62勝と2倍近く勝っていますし、地方でも先日の帝王賞4着のユーロビートなどがいます。ただ、血統的に適性がありそうでもフタを開けて見ないとわからないですね。

 九分九厘、中央馬での決着でしょう。シャークファングは去年の桜花賞勝ちがピークでした。カイカヨソウも古馬になったら善戦ガール。これよりはさきたま盃やかきつばた記念でそこそこやれたピッチシフターやトーセンベニザクラのほうがまだ面白そうですが、面白いだけで来るかと言われたら難しい。他は論外。

◎サンビスタ
○トロワボヌール
▲サウンドガガ

 これしかないでしょうね。メイショウマンボは未知数ですが芝実績からして、あるいはサウンドガガよりは人気になるかもしれないし、妙味がなさそうです。サンビスタに勝つようなら、馬券が外れてもそれはそれで面白いから良いです。儲けるかどうかよりも、楽しめるかどうかはもっと大事なんだよなあ。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<全国チェーン | HOME | 『おてんとさまはみている』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |