ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

2015年7月津軽周遊の旅1

竜飛崎


 昨日、今日と学友Sくんと津軽地方周遊の旅に出ておりました。彼と会うのは2年ぶりぐらいですが、学生時代の友人とは多少、間を空けて会っても違和感がないですね。彼は新婚さんです。俺の脳内に思わずMr.Children『花-mement mori-』が再生されたりされなかったり(笑) ルートとしては弘前駅→道の駅・十三湖→竜飛岬→エルムの街(五所川原市)→くろくまの滝の手前(鯵ヶ沢町)→弘前市内某ラーメン店→ホテルというのが初日です。初日、二日目ともに雲ひとつない快晴の時間帯が長く、絶好のドライブ日和となりました。

津軽海峡

 道の駅・十三湖を訪れるのは3年ぶり2度目でしょうか。ここはシジミの産地なので、Sくんはシジミを買って配送してましたね。俺が気になったのはシジミよりも、NHK青森のスタッフと思しき女性三人組(シャモリと書いた箱を持っていた)でしょうか。取材かなあ。道の駅を後にして、竜飛岬を目指します。ここから竜飛への道がけっこう長くて40km弱でしょうか。ワインディングロードも多いです。竜飛に着くと、快晴だったので北海道・渡島半島もよく見えました。有名な場所ですので、他県ナンバーの車も散見されました。そして、国道マニアの間で有名な階段国道も歩きました。国道339号竜飛は国道なのですが階段です。よって車両通行不可です。国道なのに……(笑)

階段国道標識


 この近くの食堂でSくんは海鮮丼、俺はうに丼を食べました。正直、3年前に竜飛に来た帰り、このお店ではないですが、周辺のお店でうに丼を食べ、その時たいした味ではなかったので、このお店にも期待はしてなかったんですが、意外に(失礼)美味しかったです。そこから、エルムの街(ショッピングモール)を経由して、鯵ヶ沢町のくろくまの滝に向かったのですが、土砂崩れのため、車で向かうのは無理とのこと。気を取り直して、弘前市内へ戻って夕食。Sくんは津軽そばに関心があったようですが、俺が津軽そばのお店に詳しくなかったので、津軽煮干ラーメンの定評ある某店へ。このお店は分店で、他に2店舗ありますが、同じ屋号だけに味としてはほぼ同じ(当たり前) 安定して美味しかったです。Sくんも満足していたようです。

うに丼

スポンサーサイト

テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2015年7月津軽周遊の旅2 | HOME | 15年ジャパンダートダービー回顧~ノンコの鬼脚炸裂~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |