ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年マーキュリーC回顧~帝王賞4着馬の底力~

★マーキュリーC予想結果★
◎メイショウコロンボ…5着
○ソリタリーキング……2着
▲テイエムダイパワー…9着

 いつもの交流重賞と同じで、上位人気は中央馬が独占で6人気に帝王賞4着の大井・ユーロビートでした。そのユーロビートがGI4着馬の格の違いを見せ付けるかのように、6馬身後ろの2~5着争いを尻目に6馬身差の圧勝。馬も強いですが、吉原騎手の果敢な騎乗も目を引きました。6馬身もちぎられた2着は追い込んできたソリタリーキング、3着にトウショウフリーク。1人気のメイショウコロンボは直線でバテてしまい、船橋のタイムズアローにも交わされての5着でした。ほか2頭の中央馬、トウシンイーグル、テイエムダイパワーにいたっては南関3頭みなに交わされ、さらには地元岩手のコミュニティの後塵を拝す始末。これはひどい。

 ユーロビートは「力は足りているはず」と展望で書いたのですが、交流重賞勝ちはないですし、そうでなくてもアテにならないところのある馬なので、結局は軽視してしまったのですが、前走で並み居るGI馬をぶっこ抜いて4着まで押し上げた力はダテではなかったようで、手薄なこの中央勢相手には圧勝。アイファーソングが楽に2番手につけられるほど遅いペースも味方したように思いますが、そこで一気に仕掛けられる吉原騎手の読みはさすがでした。まだ6歳。ダート馬としては今が旬なのでしょう。好不調の波がハッキリしている感があるので、今は追いかけてみて、凡走したら復調するまで放置。そんな買い方がいいのかもしれません。

 ソリタリーキングはマイペースに徹して2着確保。ただし、向正面でマクって完勝のユーロビートよりも上がりが遅いわけで、これはもう完敗です。F騎手もいつも通りの良くも悪くも無難な騎乗。今後も交流重賞に出続けるでしょうし、馬券にもなるでしょうが、もう勝てないように思います。徐々に衰えていくだけのような。トウショウフリークはひどくかかったり、逆に行き足が冴えなかったりでしたが、今回は先述したようにスローペースになった結果、ラクに前に行けましたし、抑えも効いていました。それで末もまずまずに見えますが、正直、面子の薄さに助けられたような気がしないでもない。復調したかは次でしょうか。

 メイショウコロンボはユーロビートがまくってきたときに、応戦してハナを奪い返したりしたのが2~5着争いで響いたように感じます。幸四郎と藤岡兄はあのまま押し切れるとでも思ったのかなあ。馬券的にはそれなら俺は良かったのですが、地方の騎手が見過ごしてはくれませんよね。前後で別の競馬をしている状態ならいざしらず。ただ、前に自分でも書いたような気がしますが、メイショウコロンボはどちらかといえば小回りのほうがいいのかもしれません。次がサマーチャンピオンあたりなら見直したい……んですが、またカモになってしまうのかなあ。トウシンイーグルとテイエムダイパワーは見せ場もなかった。格下だったといえばそれまでですが、展望で書いたようにこのレースの内枠は良くないのでしょうし、トウシンは休み明けもダメだった。

 俺の予想はまたも的外れだったのですが、3連単はともかく、これで馬単1万ちょい、3複は1万弱。世間の人は馬券が上手いなあと思いました。でもソリタリーキングから入って、メイショウコロンボを切れば買えるということなのかな。ちなみに船橋メインの習志野きらっとSPも買いましたが、俺の軸・サクラシャイニーは直線で粘りきれず4着惜敗。一瞬はとれたと思ったのですが……。重賞で俺が軸にすると沈んでしまうのか?来月の新潟遠征で潮目が変わるといいのですが。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「再発見した 地元の自然美」 | HOME | 15年マーキュリーC展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |