ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『トゲ』

『トゲ』

小学生の頃、学校帰りに駄菓子屋へ寄った

いつもは寄らない店だったけれど

雨が降っていたので雨宿り代わりに寄った

何も買わないわけにはいかないので

10円の駄菓子を3つほど買ったのだが

店主のばあさんの言葉が今も忘れられない

「たった30円か」



少年だった私の心に刺さったトゲ

トゲはいつの間にか抜けてしまった

でも、ふとした拍子に傷口はうずき

チクリ、チクリとトゲを忘れさせない

10年経っても、20年経っても

言い放ったばあさんが死んだとしても



2015年7月15日作
2015年7月26日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

【あとがき】
駄菓子屋も20、30年前にはけっこうあったのですが、
私の近所に今もあるのは一軒だけでしょうか。
今思うと「たった30円か」なんて言うなら
駄菓子屋なんてやるなよと思ってしまうのですが、
そのときに受けた言葉はどうしても忘れられません。
人を傷つける言葉なんてのは簡単ですが
人を癒す言葉は難しい(ないわけではないけれど)
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おまーじゅ | HOME | こんな風にひどく蒸し暑い日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |