ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年ブリーダーズGC回顧~揺らぐ女帝の座~

☆ブリーダーズGC購入結果☆
◎サンビスタ…………2着
○ホワイトフーガ……3着
▲アムールブリエ……優勝
△キャニオンバレー…4着

 このところバタバタしていたのと、夏の中央重賞はケンも多かったので、久々の競馬日記です。このレースの買い目だけはつぶやきに記してはいましたが。そして、久々に重賞の馬券を当てたように思います。クラスターCは買いそびれてしまいましたし、レパードSも小倉記念も3複を買って、3着が抜けて外れていましたし。ここはアクティビューティが出走取消で、中央馬は4頭のみ。割って入れそうな馬もいなかったので、◎○2軸3複のヒモ2点で手堅く取れました。ただ、勝つのはサンビスタだと思ってたんですけどね。

 5ヶ月ぶりで、馬体重が28kgも増えてきたアムールブリエでしたが、まったく問題はなかったようです。休み明けは増えての出走が好ましいですし、この猛暑の中でもこれだけ増えての出走というのは、夏負けせずによく食べていたのでしょうし、体調がかなり良かったと言えるのかもしれません。サンビスタからは1kgもらいといえども、勝ちきったことは大きい。JBCレディスへ向けて視界良好と思います。まだ4歳ですし、あまり使われてもいません。伸びシロがまだあるかと思われます。

 逆にサンビスタは3連敗。ここ2走と違って今回は惜敗ですが、牝馬相手に連敗というのは女帝の座にキズがついたように思えます。今年のJBCは大井ですので、右回りを苦にするトロワボヌールは問題ないでしょうが、伸び盛りのアムールブリエの存在がJBC連覇への南関……もとい難関となりそうです。サンビスタ自身もなんだか勢いがなくなってきたような気がするんですよね。去年だったら、直線で先頭にたって牝馬につかまるというシーンは浮かばなかったのですが。

ホワイトフーガは1,2着馬に5馬身ちぎられましたが、まだ3歳です。今後へ向けてのメドがついたと思います。本番までの3ヶ月でも大きく成長するかもしれません。キャニオンバレーは格下ではありますが、中央準OP勝ちがあれば、通用しても良かった。それが勝馬から2.2秒差。ナイターなのか、砂なのか。何かが合わなかったように感じます。4着とはいえ、ここまで離されると、また交流重賞に出てきてもあんまり買いたいとは思えないですね。

 前日の盛岡ではJpnIIIクラスターCが行なわれ、断然人気のダノンレジェンドが6馬身差の圧勝。頂点を目指す馬なら2度も3度も連敗してられません。ただ、ここも2着は道営に移籍したポアゾンブラック、3着は岩手生え抜きのラブバレット。5着も直線で伸びてきた浦和のジョーメテオ。掲示板に3頭と地方馬が気を吐きました。週明けに佐賀でもJpnIIIサマーチャンピオンがありますが、ここも地方馬が意地を見せてくれそうな感じがしますね。タガノジンガロ、ピッチシフター、エプソムアーロンですから
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年エルムS展望 | HOME | 2015年、夏、新潟。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |