ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年サマーチャンピオン回顧~俺はサマーLoser~

★サマーチャンピオン結果★
◎シゲルカガ……………7着
○タガノトネール………優勝
▲レーザーバレット…3着
△タガノジンガロ………2着
△キョウエイアシュラ…4着

 世間の方はよくわかってるなあ。勢いは一番で、俺は一人気になるんじゃないかと思っていたシゲルカガは2人気で、単1.9倍の圧倒的人気に推されたのはプロキオンS4着のタガノトネール。そして結果もタガノトネールが人気に応えて2馬身半差の完勝。シゲルカガは4角手前でガス欠起こして逆噴射……。2着もタガノ。兵庫の王者タガノジンガロが昨年の3着から一つ着順をあげての2着。以下レーザーバレット、キョウエイアシュラ、高知のエプソムアーロンでした。エプソムアーロンは11歳馬なんですが、ダートグレードで掲示板。すごいな。

 終わってみれば距離適性だったんですかね。シゲルカガは1400で芝ダート合わせて5度走って馬券になってない。中央のほか3頭は1400(およびそれ以上でも)を勝っている。佐賀の小回りならなんとかなるんじゃね?と思ったのですが、なんともなりませんでした。地方の猛者にも次々に交わされる有様。1400では消すべき馬だったようです。そんな馬を軸にしてたらあたるわけもなし。あとは2番手以下に張り付かれてしまって、息を抜く瞬間がなかったようにも感じました。まあ、力があれば後続を逆につぶすこともできるわけで、スタミナが足りないんですね、きっと。

 タガノトネールは3,4番手追走から4角で先頭に立つと、混戦の2,3着争いを尻目に2馬身半差の余裕のフィニッシュ。ここで賞金を積めたのは今後のローテーション的に良かったでしょうし、地方の小回りも問題ないことを示しました。あとは、佐賀競馬育ちの鞍上・川田の気迫でしょうか。ただ、シゲルカガとは逆に、1200より1400向きな感じです。1200でも1勝はしていますが、1400のほうが明らかに戦績が良い。おそらく次は東京盃でしょうし、JBCスプリントうんぬんは東京盃の結果次第でしょうか。1200でダノンレジェンド相手に通じるのかどうか?

 2着には兵庫のタガノジンガロが中央馬を押さえて入線。テン乗りの山口騎手はさすがですし、中央馬相手に勝ち負けしてきたタガノジンガロもさすがです。8歳馬ですが、レーザーバレットやキョウエイアシュラも同じような年齢ですし、実績的にも大差ない。結果、着差も大差ないのですが2着を確保。遠いのでしょうが南関の地方全国交流で見てみたいと思います。中央馬と互角にやれる馬ですし、今の南関マイルのトップであるソルテあたりとも互角以上にやれそうに思うのですが。レーザーバレットはやはり地方じゃ直線が短すぎるのかも。それなりに対応はしていますが。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夏の終わり | HOME | 15年サマーチャンピオン展望&エルムS回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |