ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

虹とヒャッハー

 もう10日ほど前でしょうか。指導へ向かう途中で、夕立ちがありました。夕陽も射していたので、虹が出るだろうと思ったら、案の定、大きな虹が両端を地につけて、空に巨大なアーチを描いていました。こんなに大きく、鮮明な虹を見た記憶を思い出せないので、わざわざ走行中の車を路肩へ寄せて、手持ちのスマホで撮影しました。クッキリしているのでスマホのカメラでさらきちんと撮影できました。

 虹

 この虹、本当は二重の虹だったのです。内側に不完全で、鮮明でもないもう一つの虹があったのです。さすがにスマホのカメラではそこまで撮影できませんでした。二重の虹として撮影できていれば、再度、某放送に送ろうかとも思ったんですが……。競馬場などでも不都合を感じるし、スマホのカメラではなく、高くなくていいから普通のデジカメも1つほしいところですね。デリらなきゃ買えてるじゃないのというのは禁句だ(笑) 

 その指導の数日後の話ですが、印象に残るやり取りがあったので、また載せたいと思います。ときどきやり取りを載せていますが、既にけっこうな分量になっている希ガス。原稿用紙20枚ぐらいには。

ねぶ:これは「ちょうりょうばっこ」だね。書き取り問題で出ることはないと思うけど、読みは出ることもある……というか出るから問題集に載ってるんだな(笑) ところで跳梁跋扈の意味はわかる?

Hくん:いやー、わからないっスね。

ねぶ:一言で言えば「ヒャッハー」だな。

Hくん:ぶばはははははははっ!

ねぶ:あ、「北斗の拳」わかる?

Hくん:一応、わかります。

ねぶ:モヒカンとか「汚物は消毒だー!」の火炎放射器の人とか、まあ、あんなイメージでいい。「悪が飛び跳ねるような勢いでのさばり、はびこる」というニュアンスでおk。実際、ヒャッハーの皆さん、バイクで跳んでるじゃん?修羅の国とかで(笑) イメージ湧くでしょ?

Hくん:だははははははっ!湧きます。よく分かりました。

ねぶ:跳梁跋扈の読みと意味が焼きつきすぎて、漢文の使役の話とか忘れてしまいそうだね。いや、妙なたとえをする俺に問題があるのか(苦笑)

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年新潟2歳S回顧ほか | HOME | [エロ注意]O.シコルノスキー氏の憂鬱>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |