ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

「急行「はまなす」 廃止に思うこと」

 青森駅と札幌駅を結ぶ夜行急行「はまなす」が来年3月で廃止になると報じられた。北海道新幹線の利用をJRは促進したいだろうし、新幹線開業とともに「はまなす」はなくなるのではないかと危惧していたが、現実となった。
 ◇「はまなす」の廃止によって、JRの急行は全て廃止となる。夜間の青森と札幌を結ぶ交通手段もなくなる。最終あるいは始発列車として用いていた北海道民の戸惑いの意見も見られる。新函館北斗駅と函館駅は約18㌔、時間にして約20分離れており、アクセスが良いとは言えないので、なおさらであろう。
 ◇私が「はまなす」に乗ったのは、旅行での数回である。旅で旅情を感じるシーンはさまざまだろうが、私にとっては停車駅を見聞きすることもその一つだ。帰路では「もうすぐ今回の旅も終わってしまう」と寂しさを感じることもある。帰宅するまでの移動も旅なのである。
 ◇今回の「はまなす」廃止に限らないが、列車は速ければそれでいいのだろうか? むろんビジネスでは速さが必要なこともあるが、必ずしも速くなくても良いこともある。ベストなのは利用者が選択できることではないだろうか。昔はやった交通安全標語に「せまい日本そんなに急いでどこへ行く」があったが、「はまなす」と新幹線にも同じ思いを抱いた。

 (2015年9月18日東奥日報夕刊掲載)
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年ローズS展望 | HOME | 原油安と上京予定>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |