ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年オーバルSP回顧~待てば海路の日和あり~

★オーバルSP予想結果★
◎サウンドガガ………4着
○タガノトネール……3着
▲レーザーバレット…優勝

 オーバルSPの前に名古屋でSP1・秋の鞍があり、東海ダービー馬(兵庫所属)のバズーカが圧勝し、堅いながらもこれの枠複を取りました。調子に乗ってオーバルSPの金額を増やしたのですが、裏目に出ました(笑)最近の中央重賞は岩田とデムーロ、ルメールばっかりで、騎手の比重が大きいような感がありましたが、ここも南関育ちの戸崎騎乗のレーザーバレットが、これまでのツメの甘さがウソのような決め手で、前を行くルベーゼドランジェ、サウンドガガを並ぶ間もなく差しきって重賞初制覇。2着に逃げねばったルベーゼ、3着にジリジリ伸びたタガノトネールでした。

 レーザーバレットは待望の重賞初制覇と言っていい。もう7歳の秋ですから。デビューから2連勝し、3歳春にはUAEダービーに挑戦したほどの馬がようやく、ようやくですね。横山典から戸崎へスイッチしたのも結果につながったと思います。コースを知り尽くしている鞍上はやはり大きい。今後も交流重賞路線を歩んでいくのでしょうし、地方出身騎手のほうが良さそうです。7歳馬ですが長期休養などもあり、あまり使われていません。出られるのなら南部盃を使って欲しいところ。この賞金ではまだ思うように交流重賞には出られないでしょうし、坂のあるコースのほうが合ってそうなだけにね。 

 サウンドガガにはちょっとガッカリでしたし、ルベーゼドランジェにはビックリでした。ルベーゼはすんなり先手を奪って自分の競馬ができれば粘れるんですね。できなかった場合には多くの地方馬に先着される始末のようですが。岩田が乗り続けるとしても、軸にはできない馬だなあ。いつもヒモで軽く押さえればいいのかな。サウンドガガはバテていませんが、レースの主導権を奪われてしまった。番手でも競馬はできますが、できるといううだけで持ち味は活きないのでしょう。タガノトネールはレーザーバレットとの斤量差でしょうか。前走は0.5kgもらいだったのが、今回は1kg背負わされる形。あとは鞍上の適性か。佐賀の川田は最強ですが、よその川田はただの川田でした(笑)

 やはりこの面子では地方馬は勝負にならなかった。リアライズリンクスは今回は前で競馬をしましたが、ルベーゼドランジェやサウンドガガのペースはリアライズリンクスにはオーバーペースだったようです。3角でもうついていけなくなった。前に行ったほうがいい馬なのにテンが遅い。ちょっとこれでは交流で勝ち負けは難しい。スローで楽に追走できるのなら2,3着もありうるのでしょうが、正直、底が割れた感じ。既に交流重賞を勝っているし、3歳と若いジャジャウマナラシのほうが今後に期待が持てそうです。一瞬、おっ?というシーンもありましたしね。
スポンサーサイト

テーマ:南関東競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小岩井農場まきば園 | HOME | 15年オーバルSP展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |