ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年東京盃展望

 明日、明後日と大井で交流重賞2連発です。というかこれからの半月で交流重賞が6つもあります(笑) JBC、JCD……じゃなかったちゃんぴよんC、東京大賞典、あるいは全日本2歳優駿と各部門の王道路線を迎えますので、それへ向けての前哨戦が続きます。まあ、白山大賞典は無関係な扱いですが、白山大賞典も前哨戦として勝馬にJBCクラシックへの優先出走権をつけてもいいと思います。できない理由でもあるのかな。

 まずは東京盃。この10年で地方馬は2勝、2着3回、3着1回です。勝ったのはラブミーチャン(12年)とフジノウェーブで、どちらもJpnI馬、中央馬相手に格負けしていません。2着はラブミーチャン(11年)、ヤサカファイン、ディープサマー。ヤサカファインは5連続連対中で前走アフター5スター賞(S3)勝ち、ディープサマーも前走で同じレースを勝ってますし、元々、中央芝の重賞馬でもあります。05年3着のロッキーアピールはそれ以前にさきたま盃(JpnIII)を勝ってます。中央馬相手に重賞を勝っているか、前走で南関重賞を勝っていない地方馬は不要。当たり前なのですが、この条件に当てはまっていても、地方馬というだけで不人気になるので合致する馬は狙い目です。

 今年、この条件に合致するのは、兵庫馬ですがタガノジンガロだけ。もう一頭挙げるなら昨年のJBC2着、中央のカペラS2着があるサトノタイガーまで。ルックスザットキルあたりはイケメン一流騎手(?)ではなく、真のイケメン一流騎手(現・厩務員)なら一発ありそうなんですが、そちらの方は別で一発やらかしたので……。話が脱線しますが、彼はなんでマッサージ()に入れ込んじゃったのかなあ。真のイケメン一流騎手なので、収入もヘタな中央騎手よりも上でしょうに。南関所属で平日忙しく、土日も中央や他地区の遠征で出会いがなさすぎてマッサージ()?でも、(?)のほうはモデルを食っただのなんだのと……ああ、本業が忙しくないのか(毒)

 話を戻して中央馬。連対馬に関しては簡単です。中央馬は穴を空けない。4人気以内の馬しか連対していません。もともと中央馬は人気になるわけですが、中でも人気下位になる馬、ましてや地方の実績馬よりも下に見られるような馬では来られない。3着まで見ても不人気で馬券になったのは昨年のセイクリムズンだけ。あとはアタマということでいうと前走が重賞ではない馬は勝つどころか連対もない。3着馬にはOP1着、OP4着というのがありますが、OP組の中央馬は割引。また前走着順も5着以内が望ましい。10年前の2着馬ニホンピロサートはプロキオンS8着ですが、中央重賞なら甘くしてもいい、程度。これを考えると戸崎騎乗だろうがOP6着のアメージングタクトは論外。シゲルカガやドリームバレンチノも苦しい。

 というわけで過去の傾向からはダノンレジェンド、コーリンベリー、タガノジンガロの3頭。前走が重賞だし、乗るのがイワタ&ルメールでもあるので、シゲルカガ、ドリームバレンチノまで。春に同条件を完勝していますし、乗るのはデムーロ。圧倒的人気でもダノンレジェンド本命で堅い。オッズを見ないとなんとも言えませんが、最低6倍つくのなら金額に強弱をつけてダノンからの3複1軸流し6点でいいと思います。タガノジンガロが絡めば20倍以上はつくでしょうしね。

◎ダノンレジェンド
○コーリンベリー
▲タガノジンガロ
△シゲルカガ
△ドリームバレンチノ

 
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年東京盃回顧~地方でもミルコ~ | HOME | 15年オールカマー回顧~タマキンはいらない~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |