ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年東京盃回顧~地方でもミルコ~

☆東京盃予想結果☆
◎ダノンレジェンド……優勝
○コーリンベリー………3着
▲タガノジンガロ……5着
△シゲルカガ……………4着
△ドリームバレンチノ…2着

 印はこのように打ち、「金額に強弱をつけてダノンからの3複1軸流し6点で」と展望では書きましたが、パドックで覇気に乏しいダノンレジェンドの姿を見て、不安が過ぎったので、軸をコーリンベリーに変えての3複勝負にしました。結果的にはダノンだろうが、コーリンだろうが結果は同じだったわけですが、勝ったのはダノンレジェンドでしたし、コーリンベリーが2番手に上がるシーンはありましたが、一瞬たりとも勝てる!と思えたときがなかっただけに、当初の予定通り買うべきだった。結果論ですが、ダノンが人気に応えて完勝しているだけに、3複ではなく馬単か馬複で勝負すべきだった。3複よりも馬複のほうがついてますしね。やはりミルコ、やはりイワタだった。

 出負けして後手後手の競馬になった北海道スプリントCこそ3着に敗れましたが、それ以外は昨年暮れから勝ちっぱなし。大一番であるJBCスプリント制覇にリーチです。前走から鞍上もミルコにスイッチしていますし、今年のJBCは大井であり、大井1200で今年2勝とスキがない。出遅れたり故障でもしない限りは、本番もこの馬で決まりでしょう。コーリンベリーは今回、ちょっと位置取りが後ろになってしまい、追走でアシを使ってしまった感じ。それに終始外を周っていたしなあ。前走でベストウォーリアに格の違いを見せ付けられ、今回、ダノンレジェンドに届かず、ドリームバレンチノに差されるあたり、牡馬一線級相手で勝ちきるには、もう一段の成長が必要かもしれません。

 ドリームバレンチノは前は好位で競馬をしていたイメージが強いのですが、今はコースに応じて位置取りを変えている感じがします。地方競馬を熟知しているイワタならではでしょうか。ただ、昨年のJBCスプリントを最後に勝ってはいない。今回もまた2着。ダノンレジェンドの後塵を拝するのは、今年3度目。本番でも巻き返しは厳しいように思いますが、プラスと言えるのはこれまではGI馬となったことで常に他馬より斤量を背負わされていましたが、本番では同斤量という点。うーん、でも逆転は難しいかな、やっぱり。シゲルカガは春先の東京スプリントほどの粘りはなかった。今回、賞金を加算できなかったことで、本番の出走は賞金的に難しいかもしれません。

 地方最先着は兵庫のタガノジンガロ。1200も大井も走るのもはじめてでしたが、さすがに格下(中央のアメージングタクトを含む)には負けられないところ。でも、本質的には1400~1800がベストだと思いますし、大井ではなく園田や佐賀、高知などの小回りのほうが向いていると思います。ワンターンのスピード勝負では分が悪い。南関馬相手ならそれでも勝てるだけの能力を今回もこれまでも示していますが、中央馬相手ではそうもいかないようで。このままJBCスプリントへ向かうのかなあ?中1週になってしまうけれど、南部盃を使ってくれないかなあ。JBCより距離は合うし、馬券に食い込むところまでいけるような……?
スポンサーサイト

テーマ:南関東競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年レディスプレリュード回顧~女王復権~ | HOME | 15年東京盃展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |