ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年レディスプレリュード回顧~女王復権~

★レディスプレリュード購入結果★
◎アムールブリエ……4着
○サンビスタ…………優勝
▲トロワボヌール……2着

 この3頭で堅いし、トロワボヌールは右回りに不安もあるし、勝つのはアムールかサンビスタだろう。前走でサンビスタに勝ってるからアムール。4連勝中だし。ということで馬単で◎=○▲の4点勝負だったのですが、○▲で決まって◎は見せ場なく4着撃沈。4点勝負するなら◎○→◎○▲でしたね……トロワボヌールがアタマに来るとは思っていなかったのだから。これで馬単1320円はついてるよなあ。そもそも馬もそうですが、地方競馬なのだから、人も浜中や大野ではなく、岩田や戸崎を圧倒的に上に見るべきでした。こういうレースを外していたら、回収率改善はできないよなあ。猛省したいと思います。

 勝ったサンビスタは昨年のJBCレディスクラシックを勝ったことでJpnI馬となり、その後、58kgを背負わされていたのが響いていたのかも。今回は別定57kgでしたから。決して小柄な馬ではないですが、やはり牝馬。58kgはキツかったんでしょう。牡馬で言えば毎度毎度60kg背負わされているのと同じですから。今年は本番のJBCも大井。ここを完勝したのは非常に大きい。初のJBCレディス連覇もありそうです。去年が盛岡、今年は大井と違うコースで連覇するのは意義がある。

 終わってみればトロワボヌールは右がダメってことはなさそうです。左はベスト、右はベターというところなんでしょう。ただし、右でも問題ないとしても、TCK女王盃、そして今回と大井1800で二度ともサンビスタの前に完敗したことには変わりがなく、この条件でサンビスタには現状かなわないとも言える。ホワイトフーガは前走より斤量差が少なくなったのに、着差は詰めてきました。というかアムールには逆に先着。これが伸び盛りの3歳馬ということでしょうか。本番でも3着は十分にあるし、2着までならなくもない。

 アムールブリエは出が一息だったように思います。そのまま差を詰めきれず。直線に入るまでにもう少し詰められなかったのかなあ。浜中は次もこんな調子だとミルコやルメールに乗り代わられてしまうよ(笑) 地方最先着は5着の北海道のサンバビーン。ただ、春先まで中央所属で、2月に小倉の準OPを勝っている中央OP馬同然。6着ブルーチッパーにも同様のことが言える。売り切れたわけでもなんでもない中央馬が、交流重賞に参戦しやすくするための移籍。格下の中央馬に先着しても不思議はない。

 そして生粋の地方馬の皆さんはみな大敗。特にアスカリーブルは笠松馬にもちぎられるビリ。一年以上勝っていませんし、前走は水沢でも大敗。南関から他地区へ移っても、良い結果が出るとも思えませんし、3歳時には中央馬を粉砕して関東オークス制覇(南関牝馬二冠)したほどの馬です。何より牝馬ですから、繁殖という大仕事が残っている。これで引退か、次にJBCレディスを使って引退でいいんじゃないかなあ。ボロボロになるまで走ることはない……というかもうボロボロかもしれないしね。

スポンサーサイト

テーマ:南関東競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年シリウスS展望 | HOME | 15年東京盃回顧~地方でもミルコ~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |