ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年日本テレビ盃展望&白山大賞典回顧

 昨日は白山大賞典、今日は船橋で日本テレビ盃です。JpnIホースが2頭いるのはいいのですが、中央のほかの2頭はOP特別勝ちまでのサウンドトゥルーと準OP勝ちまでのラヴィアンクレール。なんかもっと他に出る馬いないんですかね?中央のGIIIを使うよりも賞金を稼ぐチャンスと思えるのですが。そんな中央の面子だからこそ、南関勢には3着……いや、2着は獲るぞ!という気持ちであってほしいのですが、サミットストーンとバトードールの2頭だけ。馬場貸し状態。で、南関馬が出ない分、どれが出るかと言えば笠松でB級を勝てない馬……あのね(笑)トウホクビジンの後継者であるタッチデュールがマシに見えてしまいます。馬券的な妙味は薄そうです。例年も荒れないしなあ。

 この10年で1人気は連を外していません。しかも2,3着も2~4人気まで。5人気以下がまったく馬券に絡んでいません。そして今年のメンバーを考えれば、コパノリッキーとクリソライトの2強が馬券から消えるのは考えづらいです。コパノリッキーは骨折休養明けですが、早くから入厩しており、十二分に乗り込まれています。調教でも動いている。クリソライトに至ってはこの中間で、この馬としてはベストの調教タイムが出ています。どちらも先はこの次なわけですが、9割方仕上がってそう。1,2着はさすがに2強で決まり。3着選びのレース。とは言え3着がありそうなのも南関の2頭と、格下の中央2頭しかありえない。

 実績から言えば浦和記念勝ちがあり、東京大賞典、川崎記念3着のサミットストーンが3番手、単勝人気も4人気には推されています……が、近二走が冴えませんし、休み明けでもあります。陣営も「何とか間に合った」と言っています。間に合ったんですかね?うーん?バトードールはサミットよりも調教はよく見えました。2月にトーセンアレスを破ってS3を勝ってもいますし、かしわ記念6着時ぐらい走ればチャンスはあるかも。3人気のサウンドトゥルーは3番手評価は妥当でしょうが、脚質がちょっとなあ。大野くんが上手く乗れるかどうか次第。そういう意味では一番格下の中央馬ですが、ラヴィアンクレールには船橋の森が騎乗。先行タイプの馬のようですし、一発あるならこれ?

◎コパノリッキー
○クリソライト
▲サウンドトゥルー
△ラヴィアンクレール
△バトードール

 1,2人気馬には逆らえない。紛れがあるなら3着でしょう。3着もサウンドトゥルーというのが大方の見方のようですが、鞍上と脚質に付け入るスキもありそうに感じます。今野さん、森くん、なんとかしてくれんかね?2連馬券を買っても仕方ないので3複か3単で。


☆白山大賞典予想結果☆
◎3.エーシンモアオバー……2着
○5.ソロル……………………5着
▲6.ソリタリーキング……3着
△1.マイネルバイカ…………優勝
△ 11.スギノハルバード…11着

 こんな印を売っていて、モアオバー軸で買っていても取れていたでしょうが、実際はマイネルバイカから人気3頭への3複にしました。3角過ぎでソロルがついていけなくなった時点で馬券の当たりは確定でしたが、マイネルバイカが差し切るとは思いませんでした。談話によれば、4角手前で一呼吸入れられたのが最後の伸びにつながったようです。柴田大知騎手はこれが交流重賞初勝利。けっこう南関に乗りに来ていたし、どこかで勝ってそうな気がしましたが、気のせいだったようです。すっかりマイネルの主戦になりましたね。OP特別とJpnIII1勝だけでは、なかなかすんなり交流重賞に出られないかもしれませんが、今後が楽しみな馬ですね……と言っても、この馬も6歳か(笑)

 2着にエーシンモアオバー。3連覇はもう少しのところでついえました。パドックでの気配は抜群によく見えましたし、やはり金沢は合っている。この馬の近走を見てみると、良馬場じゃないほうが良かったのかもしれませんが、9歳馬ですし、イワタもこの馬なりの騎乗をしてますし、勝った馬が強かったんでしょう。何より斤量が4kg差ありましたから、これが効いたかもしれません。上位馬もGI(JpnI)戦線へ向かうとは思えませんし、浦和記念や名古屋GPとGIの裏街道路線でしょうね。ソリタリーキングは福永らしい無難な騎乗。ただ、工夫がなんにもないですよね。1人気のソロルは3角過ぎで前3頭についていけなくなりました……どころか愛知のマヤノクレドにまで差される始末。戦績からして小回りは向いてそうだったし、55kgと軽かったのにね。ハテ???

 もう一頭の中央馬スギノハルバードにいたっては、3角手前から逆噴射でブービー負け。中央1000万勝ち、準OP4着なら地方馬に先着されても仕方ないのかもしれませんが、ブービーはあんまりだ。地方の砂が合わないのかなあ。負けすぎ。浦和から遠征したトーセンアレスも見せ場なく7着。うん、7着だったら遠征しないで普通に日テレ盃に出ればよかったんじゃない?と思うのは結果論ですかね。日テレ盃は近場で済むし、JpnI馬2頭は強力ですが、その他の馬なら何とかならないでもないと思えただけに。
スポンサーサイト

テーマ:南関東競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年日本テレビ盃回顧~第三の馬の強襲~ | HOME | 15年白山大賞典展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |