ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年日本テレビ盃回顧~第三の馬の強襲~

★日本テレビ盃予想結果★
◎コパノリッキー………3着
○クリソライト…………2着
▲サウンドトゥルー……優勝
△ラヴィアンクレール…4着
△バトードール…………7着

 勝つのはJpnI馬のどちらかというのが下馬評でしたし、俺もそう思っていたのですが、勝ったのは3番人気のサウンドトゥルー。コパノリッキーは4角で怪しくなり、クリソライトも直線に入って早々に力尽きました。最初の1000が59.9と1分を切ってくるのはさすがに苦しい。1F短い今年のかしわ記念の最初の1000でも1:00:2ですからね。地方最先着は実績通りでサミットストーンの5着なのですが、準OP勝ちしかなく、明らかに1200、1400がベストという馬(ラヴィアンクレール)に先着されてしまうのでは、昨秋のような活躍は望めないかもしれません。

 サウンドトゥルーは何よりも展開に恵まれたと思います。最後はクリソライトはまだしも、コパノリッキーは完全に止まっちゃってますしね。賞金的にはJBCなんて番外もいいところなのですが、優先出走権を得たのでJBCへという雰囲気ですね。ただ、本番はこんなに上手く行かないだろうなあとは思います。サウンドトゥルー他が舐められていたから、人気2頭はあんなレースをしたように思いますし、何よりJBCには絶対王者のホッコータルマエがいるわけで、今回の2,3着馬はあんなに飛ばさない。次が今後へ向けての試金石になるだろうと思います。

 コパノリッキーは調教で乗り込まれていたとは言え、実践はまた違ったんでしょうね。3歳秋の故障明けのときも走りませんでした。病みあがりということをもっと考慮すべきだった。加えてこのハイペースだから、この結果は仕方ない。ただ、気になるのは休み明けで-12kgだったこと。休み明けは増えててほしいものです。古馬になってからの最低出走体重。JBCでさらに減っているようなら非常に怪しい。それと昨年のJBCを勝ってはいるものの、ベストはマイルでしょう。1F伸びるのもプラスではない。次で完全復活しても、昨年の東京大賞典の再現になるような気がします。

 クリソライトはコパノリッキーを完全マークの競馬。それで実際、コパノには7馬身先着していますし、この馬の力は出せている。ただ、予想以上にハマれば強い馬がいた。それだけだと思います。ちんたらしたペースだとカカって自滅することもある馬ですが、ハイペースだと力を出し切れますね。ラヴィアンクレールはしばらく重賞でお目にかかることもない馬なので……(笑) 今回の結果をもって、次の中央OP特別あたりで人気するなら非常に怪しい馬ではあります。
スポンサーサイト

テーマ:南関東競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年MCS南部盃展望 | HOME | 15年日本テレビ盃展望&白山大賞典回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |