ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年毎日王冠展望

 6,7,8月と中央競馬全敗(22連敗?)という悲惨極まりない状態でしたが、9月になってから流れが変わって、ここ3週連続で重賞が当たっています。まあ、ここに書いた展望レースが当たっているとは限らないのですが、先週はシリウスS、今週は既にサウジアラビアロイヤルCを堅いながらも当てました。今年の夏場は特にヒドかったのですが、夏競馬は毎年、ロクに当たらないので手控えたいですね。それはさておき、今週は毎日王冠と京都大賞典。毎日王冠は13頭立てと頭数が多いわけではないですが、午前1時現在のオッズでは、7頭……半数以上が単勝10倍以下です。人気割れすぎ(笑) 馬複10倍以下はなく、3複は最低でも26倍、3単は最低99倍。どこからでも入れます。

◇チェックポイント◇
・重賞勝ちのない3歳馬…いない。
・GI馬ではない牝馬…いない。
・当年に重賞勝ちのない7歳以上馬…ダノンシャーク
・当年に重賞勝ちのない12人気以下馬…マーティンボロ、リアルインパクト
・前走がハンデ戦…グランデッツァ
・前走がGI以外で8着以下…いない。
・ 中3週以下/半年以上…マーティンボロ、イスラボニータ

あんまり絞れていませんが、頭数が多くはないのでいつものように無駄ではないかもしれません。残ったのは、クラレント、ディサイファ、ヴァンセンヌ、アンビシャス、トーセンスターダム、ステファノス、スピルバーグ、エイシンヒカリの8頭。しかしディープインパクト産駒が10頭、フジキセキ、アグネスタキオン、ダンスインザダーク産駒が1頭ずつ。全部サンデーの孫ですね。

 9番から外は勝率、連対率、複勝率もガクっと落ちますのでやや割引。スタートしてすぐに2コーナーだから外は不利なんでしょうね。スタートがコーナーという正気の沙汰ではない浦和1500、1600ほどではないですが(笑) 

 クラレントは府中ではいつも注意すべきと思うのですがテン乗りの三浦かあ。なんで田辺じゃないの?小牧でもいいが。トーセンスターダムはこの面子では厳しいのでは?乗り難しい馬だと思うし、ユタカがエイシンヒカリに乗るという点でもどうなのかなと思わないでもない。

 F氏の乗る馬は割り引いて考えていますが、逆に言えばF氏から解放された馬は真価を発揮すると思います。そういう意味では前走まで川田なのにF氏に乗られたグランデッツァは終わり。調教もめちゃめちゃでしたしね。F氏からノリ、戸崎な2頭は有力とみます。特にヴァンセンヌはF氏が乗って5連対、安田記念2着ですよ。

◎ヴァンセンヌ
○ステファノス
▲アンビシャス
△ディサイファ
△スピルバーグ
△エイシンヒカリ

 逃げるのはエイシンヒカリでしょうが、ため逃げでは直後にリアルインパクト、ディサイファ、イスラボニータらにつけられて、苦しいような気がします。前に行く馬にはキツい展開になるような気がするんですよね。ヴァンセンヌの差し脚が活きるように思えます。ノリさんは昨日のブレイブスマッシュのような位置を取るような気がします。ポツンやるかもしれませんが(笑)
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ムゲンプロセス』 | HOME | 15年MCS南部盃展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |