ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年秋華賞展望

 今週のメインレースは牝馬三冠最終戦の秋華賞です。昨年は初めて紫苑S組のショウナンパンドラが勝ちましたが、去年の紫苑Sは新潟開催だったので例外と考えるべきでしょう。主力はやはりローズS組。菊花賞はTR重賞が2つありますが、秋華賞はローズSだけですしね。桜の女王が勝つのか?樫の女王が勝つのか?それとも未冠の馬が秋の一冠をもぎ取るのか楽しみですね。

1.ココロノアイ…重賞2勝馬。チューリップ賞勝ちまでは5戦してすべて馬券内でしたが、春の二冠はいずれも完敗。GIを勝つには決め手に欠ける印象があります。オークスから直行というローテも好ましくない。

2.クインズミラーグロ…紫苑S勝馬。安定感のある戦績です。 前走で2着に降したのが既に1000万を勝っていたホワイトエレガンスだっただけに、意外とあなどれないかもしれません。中山巧者というわけでもなく、新潟実績があるのもいいですね。

3.ディープジュエリー…4戦3勝。ローズSは7着と初の敗北。前回も今回も国枝厩舎お得意の栗東滞在調整。前走がこの馬の実力とは思いませんが、そもそもスイートピーS勝馬ってのがあまりいい印象がない。春のようなキレが戻れば。

4.ディアマイダーリン…オークスまでは重賞も好走していましたが、オークスでは先行して失速。GIだからか、それとも鞍上F氏の影響か?F氏は無難な騎乗に定評がありますが、逆に言えば穴を空けないよなあ。この馬では……。

5.シングウィズジョイ…春は500万、フローラSと連勝でオークスに挑むも大敗。ローズSも大敗。ここ2走があまりにもひどいし、レッツゴードンキ、ノットフォーマルと前に行きたい馬もいて、前々の馬に向く感じがしません。前残りになってもレッツゴードンキには勝てないだろうしなあ。

6.マキシマムドパリ…前走500万勝ち。フローラSの1~3着馬が並んだ馬番となりました。先々はわかりませんが、現状、フローラSのレベルが高くはなかったんだろうなと判断せざるを得ない。ユタカもトーセンビクトリーに行っちゃったしなあ。

7.トーセンビクトリー…ローズS3着、1000万勝ち。前走でユタカはためてどれだけキレるかを試したんじゃないかなあ。1000万を勝っていたわけで、優先出走権がなくても本番の出走は確定的だったし。 京都内回りですし、小倉で1000万を勝ったときのように前々での競馬をするような?

8.ホワイトエレガンス…紫苑S2着、1000万勝ち。新馬こそ府中で勝っていますが、他の好走は中山、札幌、函館。父はクロフネ。パワータイプな感じがします。高速馬場が向きますかね?

9.クイーンズリング…3連勝でFレビューを勝ったはいいですが、その後のGI2戦、ローズSは掲示板まで。ミルコが中央競馬入りしてからは一貫してミルコ騎乗。着順だけ見ればそう悪くもないんですが、着差をみるとここ3戦は1秒近く離されている。勝ち負けまではどうですかね。

10.レッツゴードンキ…桜花賞馬。桜花賞は1000が62.5とありえないスローの展開利がありました。ただ、この馬自体も上がり33.5。アルテミスSでも同様の上がり(この時は差し)。桜花賞ほどのスローはありえないですが、平均ペースで行ければ、京都内回り、高速馬場を利して粘る可能性はある。鞍上のイワタも大きな舞台ほど怖いですしね。

11.タッチングスピーチ…ローズS勝馬。前走はオークス馬を振り切っての差しきり。切れ味は世代屈指。ただ、同じような競馬だと今度は届かないかもしれません。札幌でも差しきってはいるものの。その辺はルメールさんが上手いこと乗ってくれるとは思いますが。脚質的に不安は感じます。

12.アンドリエッテ…キレ味が身上の馬ですが、春の二冠もローズSも5,6着まで。キレ味勝負ではミッキークイーンには及ばない。たぶんタッチングスピーチにも。結果が出ていない分だけ、その二頭よりも不安は大きいです。鞍上の川田は腕の見せ所でしょうね。

13.アスカビレン…1000万勝ち。穴っぽさを感じます。スローペースとは言え、先行して最速の上がり33.6という勝ち方がいい。去年の紫苑S馬のレーヴデトワール(4着)も破ってます。鞍上が池添というのも穴っぽさを増してますね。人気がないならぜひ押さえたい。

14.キャットコイン…クイーンC馬。鞍上のせいなのか、器用な競馬ぶりを見せていますが、爆発力を感じません。力はあるのですがGIというイメージがどうにも湧きません。年末のターコイズSとか来年の中山牝馬Sを勝ちそうなイメージなら湧きます(笑) 休み明けというのもなあ。

15.テンダリーヴォイス…桜花賞12着で、紫苑S11着では買えるわけがありません。

16.ノットフォーマル…フェアリーS馬。その後も桜花賞やクイーンSで粘りを見せてはいますが、馬券にはなっていません。展開に恵まれてもレッツゴードンキに先着できそうにないし、紫苑Sで大敗というのは厳しいですね。

17.アースライズ…オークスで4着と激走しましたが、紫苑S7着ではハマって掲示板でしょうか。相手なりに走る馬なのかもしれません。まだ1勝馬ですしね。

18.ミッキークイーン…オークス馬。ローズSは追い込むも先に抜けたタッチングスピーチに届きませんでした。休み明けでしたし、悪い内容ではなかったと思います。相手は3着以内が必須でしたが、こちらはあくまでもトライアルだったわけですし。何より6戦6連対という安定感がいい。脚質的な不安はありますが、中団からの差しもできますし、それなりの位置取りにつけれれば。

 昨年は外れましたが、消去項目自体は合っていた(買い方がダメだった)ので、今年もそのまま流用です。

◆チェックポイント◆
・ 前走・ローズSで6人気以下かつ3着以下:ディープジュエリー、シングウィズジョイ
・前走・紫苑S:クインズミラーグロ、ホワイトエレガンス、テンダリーヴォイス、ノットフォーマル、アースライズ
・ 前走・クイーンSで4人気以下あるいは4着以下…いない
・ 前走・1000万下で2着以下:いない
・ 前走・500万下…マキシマムドパリ
・前走・ダート戦:いない
・前走・1800m未満:いない
・重賞に複数回出走して3着内がない:アスカビレン
・GI馬以外で中3ヶ月以上:ココロノアイ、ディアマイダーリン、キャットコイン
・4~14戦の範囲外:いない
・ 1勝馬:アンドリエッテ、アースライズ

昨年は紫苑S組……それも勝馬ではなく2着馬が秋華賞を勝ってしまいましたが、昨年の紫苑Sは新潟開催だったので例外と考えたい。オークスから直行という馬が3頭もいますがどうですかね?夏休み明け緒戦がここで馬券……というか勝っている馬がカワカミプリンセス、テイエムオーシャン、ファビラスラフインと3頭いますが3頭ともGI馬でした。逆にウオッカですら緒戦のここは3着でした。まあ、府中じゃないウオッカはウオッカじゃないかもしれませんが。

 残ったのは、トーセンビクトリー、クイーンズリング、レッツゴードンキ、タッチングスピーチ、ミッキークイーンの5頭。ローズSの上位5頭。そして今回の人気上位5頭でしょう。

しかし、この十年の連対馬のうち15頭がローズS組なのでこの組を中心に考えるのが妥当。クイーンS組が今年はいませんし、オークスからの直行はGI馬でもなければ厳しい。1000万下から連対する馬もいますが、エリモシックもティコティコタックもスマートレイアーも前走2人気以内で勝っている。アスカビレンは4人気でした。ただ、前走のレースぶりがいかにもこのレースに合いそうな雰囲気ではあります。

 荒れるときもありますが、以前ほど荒れなくなっているレースのようです。特に馬連は堅い。この10年で1000円未満が4回、2000円未満が2回、3000円未満が1回、4000円未満が1回、6000円未満が1回、23000円が1回。爆荒れの2008年以外では1,2人気の少なくともいずれかは連対しており、かつ相手も7人気以内でした。爆荒れの2008年の1人気はトールポピー、2人気がレジネッタ。荒れても仕方ない(笑) 大斜行のオークス馬と大穴空けた桜花賞馬ですし。

◎ミッキークイーン
○タッチングスピーチ
▲トーセンビクトリー
△レッツゴードンキ

 過去の傾向通りで2連馬券は荒れないと見ます。波乱があるとするなら、それは3着馬と思います。クインズミラーグロ、アスカビレンあたりか。でも、上位人気馬の3着にきてもアスカビレンでどうにか万馬券になるぐらいでしょうか。手堅く馬単か馬複を考えています。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『人間タイヤ』 | HOME | 白雲と紅葉>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |