ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年JBCレディス&スプリント展望

 火曜の祝日は大井で地方競馬の祭典・JBCが行なわれます。去年はレディスクラシックだけ鶴見駅前のマックでスマホ観戦。例の番組の公開収録参加後、京浜東北線の車内で、スプリントとクラシックの結果を見てましたね。クラシックだけは当たり、トントンで胸をなでおろした記憶があります。あれから一年。今年は車破損ともう一つ事情があるため、公開収録には参加できなくなってしまったしなあ。上京はしませんが、11月最終週の週末に仙台へは行くつもりです。あるいは福島まで脚を伸ばすかも。

 まずはレディスクラシックの展望です。過去4回で馬券に絡んだ地方馬は2012年の2着クラーベセクレタ、3着のサクラサクラサクラのみ。クラーベセクレタはこのレース以前でJpnIIIクイーン賞勝ちをはじめ、再三再四グレードレースで連対していましたし、南関牡馬クラシック二冠馬でもあった。二番人気にも推されていた。地方馬が連対するにはそれだけの実績が必要。サクラサクラサクラはそこまでの実績はないものの、除外を挟んで地方重賞を含む6戦連続連対中でした。実績が中央馬並みか、勢いがあるかのどちらかの条件は必須。今年はそんな地方馬はいません。九分九厘、中央馬で決まり。

 中央馬ですが、勝馬は4度ともレディスプレリュード(以下LP)で連対した馬で、なおかつ重賞を多数勝っていた。2着馬も地方馬のクラーベセクレタ以外の3頭はLPで連対か準OP勝ち。過去4年だけですが、中央の7頭は前走で連を外していません。3着は初年度のカラフルデイズがLP7着から巻き返していますが、ワイルドフラッパーはLPを勝っていたし、キモンレッドは準OP勝ち→OP特別3着でした。1番人気は2-1-1-0で複勝圏を外していません。2人気も2-1-0-1と信頼度は高い。力差がハッキリしているので紛れの少ないレースです。大井1800ならなおさらでしょう。

◎サンビスタ
○トロワボヌール
▲アムールブリエ
△ホワイトフーガ

 キャニオンバレーは2走前を見れば、今回の人気上位馬とは力差がありすぎる。それでも前走のOP特別を3着ぐらいにまとめてればまだしも大敗ですしね。カチューシャも自分の展開に持ち込めて3着あるかどうか。前に行きたい馬も少なくないし、内枠だし揉まれそう。本命はサンビスタ。抜けた人気でしょうが、前走で他馬に1~3kgあげての完勝。同斤量のここは負けられない。頭不動。以下3頭は混戦と見ますが、トロワボヌールは安定感ありますし、アタマもないでしょうが2,3着は堅い。3単で◎→○=▲△の4点でしょうか。さすがに最低4倍はつくでしょうし、金額の強弱をつければ。

**********************************

 続いてJBCスプリント。こちらは過去14回もやっているのでそれなりのサンプルがあるので……すが、地方馬が過去6度馬券になっていますし、JBC3競走のなかでは一番荒れています。3複万馬券が3度出ています(クラシックは2度)。その馬券になった地方馬6頭の共通点を探りたい。南関馬は4頭中3頭が南関重賞を複数勝っています。残る1頭のナイキマドリードも準重賞勝ちはあり、重賞2着、東京盃4着と通用するかも?と思わせる下地がありました。他地区馬2頭は交流重賞で馬券になった実績がありました。ザックリ言えば、南関重賞複数勝利か交流重賞4着以内がない馬は消し。今年で言えば、岩手と高知の馬以外は最低条件を満たしています。

 ただ、タガノジンガロは主戦・キムタケ復帰はプラスですが、1200は短いでしょうし、前走よりも面子が強化されては厳しそう。小回り1400ならこの面子でも面白そうなのですが、大井の1200では紛れが起こりにくいように感じます。ポアゾンブラックのほうがこの距離は合っています。ただ、前々走でダノンレジェンドの6馬身差2着でしたが、6馬身の間に中央馬が1頭も入らないわけがない。地方勢の筆頭はやはりサトノタイガーでしょうが、今年の結果が冴えません。前走で今年初勝利ですが、準重賞ですからね。今年もここで本気なら使わなかったんじゃないでしょうか。ジョーメテオ、ゴーディーやセイントメモリー、アルゴリズムは近走から考えるとつらい。

 レディスでもクラシックでも言えることですが、リピーターがきやすいです。コースも距離もコロコロ変わるのが特色のレースではありますが、トップクラスの面子が目まぐるしく変わらないからでしょうか。ノボジャック、スターリングローズ、ノボトゥルー、マイネルセレクト、リミットレスビッド、ブルーコンコルド、スーニ(3回)、セイクリムズン(3回)、タイセイレジェンド、ドリームバレンチノと10頭で22回馬券になってます(笑) ただし地方馬で2度馬券になった馬はいません。そういう観点からはサトノタイガーは消しで、ドリームバレンチノは有力と言えます。

◎ダノンレジェンド
○ベストウォーリア
▲レーザーバレット
△ノーザンリバー
△ ドリームバレンチノ

スタートさえすんなり出られればダノンレジェンドで良いはず。ベストウォーリアは新馬勝ち以来の1200ですが、1400では安定していますし、前走がハイペースを引っ張って完勝なので、1200の流れでも好位に取り付けると考えます。Fが落馬で、川田に乗り代わりというのもこの舞台を考えればプラスでしょう。あとはコーリンベリー以外の中央3頭。コーリンベリーは前々で競馬をするでしょうが、持たないような気がします。小回りのほうが良さそう。大井1200ならレーザーバレットやノーザンリバーに差されるシーンが浮かぶんですよね。オッズを見て決めますが、◎は1着固定で考えています。
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年JBCスプリント回顧~砂の短距離女王誕生~ | HOME | 15年天皇賞・秋回顧~ラブリーデイは止まらない~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |