ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年JBCレディスクラシック回顧

★JBCレディスクラシック予想結果★
◎サンビスタ…………2着
○トロワボヌール……3着
▲アムールブリエ…4着
△ホワイトフーガ…圧勝

 3歳馬ホワイトフーガが歴戦の古馬を寄せ付けずに、2着サンビスタに5馬身差の圧勝で制しました。さらに2馬身半差の3着にトロワボヌール、4着にアムールブリエ、5着に地方最先着でリュウグウノツカイでした。他の中央2頭のカチューシャは11着、キャニオンバレーは13着と大敗しました。

 前走のレディスプレリュードと同様に、大井のブルーチッパーが引っ張る展開でしたが前走と違って1000が60秒を切るよどみのない流れとなりました。有力馬は好位を追走していましたが、ホワイトフーガはこれまでと違って、有力馬の後ろで見る形。道中も枠順を活かして内々でロスなく周り、直線では垂れたブルーチッパーとサンビスタの間を割って、並ぶことなく突き抜けました。二走前、前走と古馬との差を詰めていたので、サンビスタにはかなわないでも、トロワやアムールに先着は十分あると踏んでいました。だから、◎→○=▲△という3単4点勝負だったのですが、○▲に先着どころか◎サンビスタも寄せ付けない圧勝。展開も枠順もハマったからこそ、これだけの着差になったとは思いますが、そうでなくてもこの着差なら勝ちきったでしょうね。多くのファンの予想以上にホワイトフーガは強かった。3歳でこのレースを勝ったのは初。今後はホワイトフーガを中心に牝馬ダート戦線は回っていきそうです。

 サンビスタは大方の予想通りの競馬をしましたし、3,4着馬との着差を思えば、現状のこの馬の力は出せていると思います。急激に成長している馬がいた。それだけでしょう。ただ、もう6歳。来年は7歳です。まだ牝馬重賞の1,2つは勝てる馬とは思いますが、これまでのダート女王がそうであったように、TCK女王盃、エンプレス盃を使って、来春で引退でもいいかもしれません。能力維持はできても、上積みはさすがになさそう。トロワボヌールはサンビスタに先着できないですね。毎回書いていますが、同父のアクティビューティ状態。サンビスタがいなくなったとしても、活きのいい若いのが出てくると、そうそう勝てないでしょう。アムールブリエは前走同様に、伸びを欠きました。陣営は1800でも短いようなことを示唆しています。で、あるならば、牝馬相手にこだわらずに、名古屋GPやダイオライト記念で一度見てみたいところではあります。

 カチューシャは状態面にも問題があったのかもしれませんが、1800もちょっと長い。小回りならごまかしが利くのかも知れませんが。キャニオンバレーは力不足もそうですが、地方の砂があってないのかも。南関馬も、自分の競馬に徹して失速したブルーチッパーはまだしも、他馬はB2も勝てないリュウグウノツカイやら、過酷ローテの限界に挑んでいるような笠松のタッチデュールに先着されるようでは、中央馬の相手は今後も務まりそうにありません。ノットオーソリティは小さくまとまってしまったし、アスカリーブルはさすがに潮時じゃないでしょうか。他地区へ移籍してももはや微妙。中央3歳のホワイトフーガが圧勝しましたが、地方馬からも活きのいい馬の活躍が見たい。ララベルにここを使ってほしかったですね。
スポンサーサイト

テーマ:南関東競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年JBCクラシック&北海道2歳優駿回顧 | HOME | 15年JBCスプリント回顧~砂の短距離女王誕生~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |