ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年JBCクラシック&北海道2歳優駿回顧

★JBCクラシック予想結果★
◎ クリソライト………4着
○ホッコータルマエ…3着
▲サウンドトゥルー…2着

 JBCレディス、スプリントと抜けた1番人気馬が2着に敗れていたこともあって、ホッコータルマエもオッズほどには信用していませんでしたが、タルマエはやはり敗れて3着。勝ったのは骨折休養明けの日本テレビ盃で3着だったコパノリッキー。JBCクラシック連覇を達成。JBCは開催場がコロコロ変わるわけですが、それにも関わらず連覇、3連覇の馬が多いなあ。2着に中団から伸びてきたサウンドトゥルーが、ゴール前でタルマエを交わしました。クリソライトは内枠で揉まれたのが良くなかったか、大した見せ場もなく4着に沈没。地方馬最先着は5着のハッピースプリントでした。

 日本テレビ盃のような暴走ラップになるとは思っていませんでしたが、最初の1000が62.7。これは遅い。しかも、コパノリッキーは大して突かれることもなく、逆に自分でペースアップして、後続に脚を使わせました。馬自体が一叩きされて良くなっていたのもあるんでしょうが、勝ってくださいと言わんばかりの展開になりました。この開催の大井は前残り馬場でしたからなおさらです。これでコパノリッキーもGI/JpnI5勝目。ベストはマイルだと今も思っていますが、距離よりも自分の競馬ができるかどうか次第なんでしょう。まだまだタイトルを重ねていきそうです。

 ホッコータルマエが負けたのはある意味当然かもしれません。他馬が1度叩いて、ここを勝ちにきているのに、タルマエはぶっつけ。去年のように体調が悪くて使えなかったわけでもなかった。JpnIなのだから叩きで使って勝てるほど甘くないということでしょう。ただ、下の世代が力をつけてきているだけに、去年、一昨年のように、ポンポン勝てるかと言えば、そうでもないような気もします。次も人気になるのは確実ですが、正直、半信半疑です。サウンドトゥルーは力をつけてきましたね。3歳時にユニコーンS3着と、能力の片鱗を見せていた馬が軌道に乗ってきました。

 クリソライト・川田はもっと出していけなかったのかな?いや、もっと出していったら日本テレビ盃の二の舞になると考えたかもしれませんし、それはそうだったのかもしれませんが、煮え切らない競馬をしたなあ。コパノリッキーと一緒のレースだと枠順を考慮に入れて取捨選択しないといけないようです。地方の有力馬は5~7着で、煮え切らないクリソライトに先着できず、ニホンピロアワーズには先着。ニホンピロアワーズは昨年同様に名古屋GPでしょうか。いよいよ本格的にシビルウォーやソリタリーキングなローテになりそう。ただ、斤量背負わされるのがキツそう。

★北海道2歳優駿予想結果★
◎タービランス………ビリ
○タイニーダンサー…優勝
▲エネスク……………3着
△ナンヨーファミユ…6着

 唯一出走の牝馬・タイニーダンサーが前回に続いて中央馬を一蹴しました。北海道の2歳JpnIIIを連勝は14年前のフェスティバル以来の2頭目。地方馬としては初の快挙です。2着も道営・スティールキングで、角川厩舎の1,2フィニッシュ。これはエーデルワイス賞と同様です。道営馬の強さをまざまざと見せ付けました。わざわざ門別までやってきた中央馬ですが、2着スティールキングに2馬身離されたエネスクが最先着で以下6着までが中央馬。俺の本命で期待していたタービランスは直線、逆噴射で大差のビリ。故障してなければいいのですが。

 タイニーダンサーはハナを奪いながらも、エネスクがかかり気味に前に来ると、一旦控えるという2歳馬離れした味な競馬を見せました。数字上の上がり最速はスティールキングなのですが、タイニーダンサーは大外に持ち出していましたからね。スティールキングがエネスクとキョウエイギアを交わした、その外からの伸び脚は迫力ありました。タイニーダンサーの上もホウザンやらブンブイチドウなどこの時期、活躍していましたが、3歳秋には枯れてしまいました。タイニーダンサーは明らかに兄や姉よりも上ですが、早枯れでないことを願うのみ。

 正直、スティールキングが馬券になったことには驚いていません。道営2歳のレースを見ていれば、オッズほどタービランスとの差があるわけでもないし、人気薄の道営馬が食い込むこともあるレースなので。中央1勝馬と同じぐらいにはチャンスがあると見ていました。手広く買えば良かったのかな。エネスクは先々はともかく、現状は気性的に1800は長いのかもしれません。門別1800よりは川崎1600のほうがまだ合いそうな気がしますが、道営軍団は今回、先着された2頭以外にもモダンウーマンやらマックスガーデン、南関移籍したトロヴァオなど層が厚いので、今回負けた中央馬では歯が立たないと思われます。そもそも2勝馬のエネスク以外は、全日本に出走すること自体怪しい。

 JBCで地方馬はメタメタに敗北し、俺の馬券もメタメタにされてしまいましたが、2歳重賞での道営勢の快進撃は地方競馬ファンにはたまらんですね。タイニーダンサーは中央移籍の話も聞こえてきますが、全日本2歳が終わるまでは角川厩舎&桑村騎手で行ってほしいし、中央移籍しても3歳ダート路線が整備されてるわけでもないので、むしろ南関移籍してくれたほうが賞金的においしいんじゃないだろうか?地方競馬ファンとしては応援のしがいもあるしなあ。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<晩秋と冬支度 | HOME | 15年JBCレディスクラシック回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |