ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年エリザベス女王盃回顧~格好悪いハズレ方~

★エリザベス女王杯予想結果★
◎ヌーヴォレコルト………2着
◎ラキシス…………………11着
△クイーンズリング………8着
△フーラブライド…………6着
△スマートレイアー………5着
△タッチングスピーチ……3着

 展望の消去法で「残ったのは、クイーンズリング、フーラブライド、ラキシス、マリアライト、スマートレイアー、ヌーヴォレコルトの6頭」と書いており、「1,2人気馬のいずれかは連対していますし、その相手も7人気以内に収まっています」とも書いており、2009年を除く連対条件通りに決着しました……なのに外れました。マリアライトに難癖をつけて消し、代わりにタッチングスピーチを入れたので外れました。バカすぎるな、俺(笑) そもそも2軸で買ったことにも問題があった。2頭軸にしたために、ヒモを絞らざるを得なくなり、結果外れたわけで。そもそも男らしくないことこの上ない買い方だった。臨戦過程はラキシスよりヌーヴォレコルトのほうが良かったし、リピーターの多いレースだが、ラキシスは既にリピート済みでもあったので、ヌーヴォレコルト軸で何も問題はなかった。ビシっと軸を決めて買うか、不安ならBOXで買うか、優柔不断な買い方をしたために、歯軋りしたくなるような結果になってしまいました。猛省したい。

 格好悪いはずれ方 二度ときみを買わない♪
 大事なことはいつだって ハズレて初めて気がついた♪



 勝ったのはマリアライト。クリソライトの妹でリアファルの姉。正直、オールカマーでGI牝馬2頭とは力差があると思ったのですが、蛯名騎手の積極的な騎乗が光ったと思います。それとやや重の馬場、上がりのかかる展開も向いたと思います。ディープ産駒ですが、母系の影響か、上がりが34秒、35秒台の時しか連対できていない。この馬自身は33秒台の上がりも出せますが、そうなるともっとキレる馬に負けてしまうようで。勝ちきるには条件のつく馬ではありますが、反面、大崩もこれまでしていません。今後もこれまで通りの戦績じゃあないでしょうか。次が牡馬相手のGIでも3着までならありそうな感じ。一方で牝馬限定戦でも全幅の信頼を置けるかといえば微妙。兄や弟がそうであるように、当初から素質を見せつつも、晩生の傾向があったのかもしれませんね。

 ヌーヴォレコルトは結果的に大外枠が堪えてしまったように感じます。ただ、絶対的に抜けた能力があったなら、枠順で負けたなんてことにはならない。岩田騎手や斉藤調教師もやりきったという趣旨のコメント。マイルは短いのでしょうし、去年、取り損ねたタイトルだけに、陣営はここは是が非でもほしかったところでしょうが……。牡馬相手でも勝負になる馬だけに次にどこを使ってくるのでしょうか。有馬記念かな?2人気のラキシスは、ムーア騎手が「揉まれてしまったのが」というコメントを残していますが、それだけとは思えない。近走から考えるに昨年、一昨年のデキにはなかったのではないでしょうか。レース前から不安視されていましたが、前走で結果が出ていれば、ここではなく天皇賞へ向かったような気もしますし。5歳秋。やや能力に陰りもあるのかなあ。

 3歳馬は上位人気ではありましたが、3,4,8着でした。タッチングスピーチはやはり直線の長いコースのほうが脚質的に合ってそう。ただ、展開に左右される面がありそうです。展開うんぬん関係ない強さになれるかどうか、今後の成長に期待。ルージュバックには驚きました。正直、カモもいいところで掲示板にも載れないだろうと思っていたので。休み明けのGIでこれだけやれたのは、騒がれていたのはダテではなかったのか。ただ、現状はオークス2着のきさらぎ賞馬でしかありません。次は愛知杯あたりを使って、来年へ向けた賞金稼ぎをしたほうがいいんじゃないかなあ。今、無理をして勝機の薄いJCや有馬へ向かう必要はないでしょう。これからの馬のはず。クイーンズリングに2200は長かったのかもしれません。ベストはマイルなんじゃないかな。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年マイルCS展望 | HOME | 15年エリザベス女王盃展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |