ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年浦和記念回顧~格の違い~

★浦和記念予想結果★
◎ソリタリーキング……3着
○ハッピースプリント…完勝
▲ドコフクカゼ………4着
△ユーロビート…………9着
△タイムズアロー………6着
△マイネルクロップ……7着

 ハッピースプリントがおよそ1年ぶりにJpnI/GI以外に出走。JpnIでは善戦どまりを繰り返してきましたが、格下相手のここは楽勝で、東京ダービー以来の久々の勝利を飾りました。去年の勝馬のサミットストーンが2馬身差2着。さらに2馬身差3着にソリタリーキングでした。1人気に推されたドコフクカゼは後方から差してくるも4着が精一杯。もう1頭の中央馬マイネルクロップはまるで存在感なく7着大敗で、1,2,3とはいきませんでしたが、今年も南関馬の1,2フィニッシュで、中央馬は撃沈しました。

ついでに俺も撃沈。軸は合ってたし、買い方もこれで良かったと思います。ミスしたのはヒモのチョイス。小回りが明らかに向かないユーロビートやそれこそ状態が怪しいマイネルクロップ、手前を換えるのが下手で、先頭に立てばソラを使うタイムズアロー。去年の勝馬サミットストーンを差し置いて、何を買っているのか。問いただしたい。終わってみればJpnI馬→JpnII馬→JpnII馬です。格で決まった。3複3000円。来年への教訓。よほどのことがない限り、前年の勝馬は馬券に組み込め!

ハッピースプリントはこれまでの相手が強かっただけで、ロートルや格下の中央馬、難関馬相手では格が違った。ここも勝ちきれないのなら来年が心配でした。一安心。とはいえ、ここは勝って当然の面子。次は当然、大賞典。そこで3~5着ではなく、勝ち負けまで来れるのか?問題はそこ。大箱よりも小回りのほうが合ってそう。大箱で快速馬が引っ張る流れというのは地力が問われますが、そういう条件で中央の大物相手はやはり厳しい。もしJpnIを勝てるなら、川崎記念かかしわ記念か。

 サミットストーンは状態を不安視されていましたが、結果的には問題なかった。2着に負けたのも単に相手が強かっただけのこと。地方重賞だとなおさらですが、リピーターは抑えないとダメだ。地方馬にしてもボランタスやルースリンドは繰り返し連対してますし。ただ、この1年の成績がサミットストーンの限界と思います。年齢的にも上がり目ないですしね。1,2着馬ともに、大賞典や川崎記念ではヒモで買う。軸にしないし、消しもしない。これは決めておきたい。サミットは次も同じような人気でしょうしね。

 ソリタリーキングは期待に応えて……というか案の定の3着。分かってました(笑) でも、戸崎だから3着であり、Fだったら4,5着だったかもしれない。連続してJpnIIIで馬券にならなくなるまでは軸かヒモかはともかく買わないといけない馬ではあります。ドコフクカゼもやっぱり馬も人も地方、それも小回りが合っていない。それこそ3,4着馬の鞍上が逆なら、結果も逆だったろうと思います。展望でも書いたことですが、2kg以上もらってソリタリーとタイム差なしのドコフクカゼ、マイネルクロップは老いたソリタリーよりも現状は下。

 次が面白いのはユーロビートじゃないでしょうか。下に他地区2頭だけというまさに惨敗ですが、小回りが致命的にダメだというのを再確認できました。大箱ならソリタリーより上、サミットよりも上。ハッピーといい勝負。大賞典に出るなら3複のヒモには押さえたい。勝ち負けは無理でしょうが、3~5着の絵は浮かびます。3着でいい。それで3連大波乱でしょうしね。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<徒然師走日記 | HOME | 15年浦和記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |