ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年チャンピオンズC回顧~牡牝の差~

★チャンピオンズC予想結果★
◎ロワジャルダン……4着

 1000が60.2秒というのは早いけれども、超ハイペースというわけでもありません。ただ、200-400のラップが10.7。これがかなり前の馬には堪えたのではないかと思われます。ともかく結果は前崩れ。そして、まさかのサンビスタ完勝という結末。前崩れの展開は展望でも書いていたように予想しており、2~4着馬が来るのも予想通りだったのですが、サンビスタがアタマは想定外。ペースがハマった&デムーロだから?サンビスタが4着で、2~4着が1~3着なら、世代交代の一言に尽きるのですが、その上にホワイトフーガにちぎられた6歳牝馬ということで解釈が難しいです。

 サンビスタは今年の走りを見れば、昨年以上に評価するのは難しいと思われましたが、結果はJCダートを含めた秋の中央ダートGIの牝馬初制覇。それも混戦の2~5着争いを尻目に完勝。戦前の位置づけはラヴェリータ、ミラクルレジェンド級、あるいはやや下(メーデイアよりは上)。でも、牝馬内での位置づけはやっぱりラヴェリータ級なのかもしれません。違うのは芝と同じで、牡牝の差が縮んできたようにも思えます。来年以降、JBCレディスを勝った馬が出てきた場合は注意したい。特にデムーロ、ルメール、ムーア騎乗の場合。ただ、サンビスタは遠くないうちに引退でしょう。牡馬ならまだまだタイトルを積み重ねたいところですが。できればもう一回、ホワイトフーガと走るところを見たい。

 前崩れになったので、ノンコノユメ、サウンドトゥルー、ロワジャルダンが差してきました。2,3,4着の差はコース取りの差でしょう。ルメールは内を突きましたが、大野、浜中は外をまわした。まあ、浜中は大外だったのでやむをえないのですが。敗因に枠も挙げていましたしね。大野は枠順の利を活かせなかった。ただ、それで3着ですから、近走の勢いは本物だった。2,3,4着はまだ若い。来年以降のダート戦線を引っ張っていきそうです。コパノリッキーは絡まれるとモロいですね。それとJBCクラシックを連覇してはいますが、ベストなのは1600まで。来年のJBCはクラシックが2100、スプリントが1400です。どこかで1400を試して欲しいと思います。ホッコータルマエは一叩きされましたが、着順は悪化。サウンドトゥルーには連続して先着されました。新鋭の勢いに圧されてきた感じがします。JpnI10勝はできるのか?やや暗雲が。

 来年、10歳になるワンダーアキュートですが、これだけ走れるならまだ来年以降も地方ダートG戦線で馬券になることもあるでしょうし、ニホンピロアワーズにしても、タイムも着順も去年より良い。名古屋GPへ向けての視界は良好と思います。この2頭より若いのですが、ローマンレジェンドは厳しいなあ。どちらかというと使いべりしますしね。コーリンベリーはそもそもなぜここを使ったのか、結果を見てもよくわかりません。来週のカペラSを使ったほうが良かったろうになあ。松山の騎乗も中途半端でした。結局、やっぱり距離は持たないし、中団に控えても味は出ないということを再確認しただけ(笑) あと、香港のガンビット。大差のビリ。これでは今後の香港のAW馬は来ないだろうなあ。しかたないですね。

 馬券は惜しくもはずれてしまったのですが、バラバラと連勝馬券を勝っていてもサンビスタを拾えなかったと思うし、前回儲けさせてくれたロワジャルダンの単複で、直線は十二分に楽しめましたから悔いはない。コレ!と決めて単複勝負したほうがいいのかもしれません。的中率は落ちそうですが、失うカネが減りますし、当たった際のリターンは増えそうなので、回収率は上がりそうですしね。小銭買いの俺には購入点数を絞れることも大きい。それと前にも書いたことがありますが、単勝を当てると爽快感も感じますので。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年阪神JF展望 | HOME | 『ルー』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |