ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年朝日杯FS回顧~歴史は繰り返す~

☆朝日杯FS購入結果☆
◎エアスピネル………2着
△イモータル…………9着
△ボールライトニング11着
△アドマイヤモラール8着
△ショウナンライズ…14着
△リオンディーズ……優勝

 武豊騎手の中央GI完全制覇のかかった朝日杯FSでしたが、そのユタカ騎乗のエアスピネルは残り50mあたりで道中最後方待機のM.デムーロ・リオンディーズの強襲にあって2着。3着以下は4馬身以上ちぎりすてているのですが……。あちこちで既に書かれていることですが、10年前のオークスを思い出さずにはいられません。エアスピネルの母・エアメサイア(これもユタカ騎乗)はゴール寸前で、リオンディーズの母・シーザリオに交わされました。エアメサイアはシーザリオに先着することはないまま、シーザリオが引退してしまいましたが、エアスピネルは自身とリオンディーズが故障しなければ、来年のクラシックで何度も再戦するでしょう。自身と母の雪辱を果たすチャンスはあるはずです……が、ユタカがこのレースを制する日は来るのかなあ?

 ユタカの騎乗は完璧だったと思いますし、馬もそれに応えたとも思います。単純にリオンディーズが強かったことと、2人気とはいえリオンディーズの人気は離れていましたし、マークする立場で乗ることができたのが勝敗の分かれ目だったんじゃないでしょうか。次も両者が同じような位置取りとは限らないし、展開もどうなるかわかりません。実力は拮抗していると思います。ちぎられた3着以下はかなり実力差がありそう。上位人気馬でシュウジだけ切ったのですが、それは正解でした。着順だけ見れば5着ですが、道中、暴走するギリギリを抑えていた感に見えました。身体能力的にはマイルも問題ないんでしょうが、気性的にマイルは長い。1200以下に専念したほうが持ち味がフルに活きるんじゃないかなあ。馬が成長して気性が落ち着いてきたらマイルに再挑戦で良さそう。

連対馬の母が注目されますが、4着馬の母も懐かしい。一昔前のオークスで3着だったユウキャラット。配合されたのはスウィフトカレントで生まれたのがユウチェンジ。きらびやかな血統ではありませんが、父母ともに地味だけど実績馬。良血ではないかもしれませんが実績馬。子もそんな感じの馬に成長していくと面白いですね。夏場のローカル重賞を勝って、微妙な人気でGI2着とかさ。オッズがオッズなので、まったく胸は晴れませんが、秋のGI初的中です(笑) 中央だけでなく、南部盃もJBC3レースも外していたので……。今年も残るところ10日。もう、回収率100%どころか、75%に戻せるかも微妙なんですが、来年に弾みがつくような結果になるといいなあ。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年名古屋グランプリ展望 | HOME | 『冬将軍』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |