ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年TCK女王盃展望

 今年、最初の交流重賞・TCK女王盃が行われます。昨秋のチャンピオンズCを完勝したサンビスタに圧勝して新たな女王の座についたホワイトフーガの今年緒戦です。大野くんは牡馬はサウンドトゥルー、牝馬はホワイトフーガと今年のダート戦線が楽しみでしょうなあ。年が明けてから既に中央・地方で5,6R買っていますが全敗(笑) 先週の中央競馬は一切買いませんでした。何とかしてTCK女王盃で今年の初勝利を挙げたいと思ってます。仕事も繁忙期ですが、今日は休みなのでじっくり検討できますし、リアルタイムで観戦もできますので。というか、今日は家から一歩も出ないとキメている。

 短評ですが、中央馬とノットオーソリティ以外は割愛。ティーズアライズあたりもララベルと大差つけられるレベルではここで通用する通りがない。そのティーズアライズに先着されるケイアイリブラもなおさら無理。昨年の東京プリンセス賞勝ち馬と言えどもね。笠松馬は出走手当て目当てなのは明白。金沢B1を勝ったばかりの馬も無理。中央馬とノットオーソリティの事実上の6頭立て。99%この6頭で決まるでしょう。大波乱があったとしても消した5頭が食い込むのではなく、ホワイトフーガがなぜか飛んで、2,4,5人気で決着とかしか考えられない。

・ ノットオーソリティ…クイーン賞で3着ですが、2走前でホワイトフーガに2.7秒差。2kgあげたのが今回は1kgもらいですから、対ホワイトフーガで3kg詰まっていますが、2.7秒差は3kgもらって詰まるレベルの差じゃない。ただ、ホワイトフーガ以外の中央馬が前回0.2差で負けたディアマイダーリンはともかく、ほか3頭なら付け入るスキもありそう。

・ パワースポット…ダートでも3勝している馬ですが、右回りダートは5戦すべて馬券圏外。前走は左回りでしたがノットオーソリティにも先着されています。追い込み脚質というのもダート向きとは思えませんが、3着ならなくもないか?

・ ディアマイダーリン…初ダートの前走でいきなりトロワボヌールを破っての勝利。斤量差はありましたが、左回りでなら牡馬相手にも好走できるトロワボヌールですから、前走の勝利は大きい。杞憂かもしれませんが、芝でも左回りに良績が偏っているので、サウスポーなのではという懸念がなくもない。

・ ホワイトフーガ…JBCレディス馬。メキメキと力をつけているのは感じていましたが、まさか前走で圧勝するとは思いませんでした。しかも、ちぎりすてたサンビスタがチャンピオンズCを、アムールブリエが名古屋GPを勝ったことが、この馬の価値をさらに高めています。過去10年で、1人気馬はすべて3着以内。というかレッドクラウディア以外の9頭は連対しています。1人気馬の信頼度は高い。まず勝つでしょうし、まかり間違っても連を外すとは思えない。

・ タマノブリュネット…中央では500万勝ち、レパードS3着。川崎でA2B1混合戦を勝っています。戸崎騎乗は魅力ですが、準OPで1秒負け2連続。南関A2レベルの馬と思えば、ノットオーソリティに先着されそうな気がしないでもない。追い込み馬というのもあまりいい感じがしません。

・ セキショウ…初ダート。芝では完全に頭打ちな印象ですが、半妹がトーコーヴィーナス。父もシンボリクリスエス。血統の字面ではダートもこなしそうですし、紫苑Sを勝った頃から力馬っぽいとは思っていました。前々で競馬ができますし、ダートが合えば新たな面を見せるかも?

軸はホワイトフーガで堅すぎます。ノットオーソリティはラクな競馬ができないとみます。ハナを奪えてもディアマイダーリンやセキショウが直後につきそうで。ホワイトフーガも前を見ながらの競馬でしょうか。

◎ホワイトフーガ
○パワースポット
▲タマノブリュネット
△セキショウ

 ここ2年、JBCレディス馬が勝っていますし、ホワイトフーガの前走は圧巻でした。ここにサンビスタがいても人気を分け合いそうなのに、ポッと出のディアマイ、格下のタマノ、8歳のパワースポット、初ダートで芝では終わったセキショウに負けるとは思えない。◎からの馬単流し3点でいい。ディアマイダーリンが来る可能性も十分ですが、妙味がないので消します。来たら仕方ない。
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ひとりあそび | HOME | 『ニワトリ』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |