ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年日経新春杯展望

 昨今は施行時期や条件がコロコロ変わって、過去のデータを使った予想がしづらいレースが多いですが、今週の日経新春杯は20年以上変わってない。一時期、別定2200だったようですが、時期は変わってないようです。変えないことで伝統が増して、そのレースを勝つ重みも出てくると感じます。今週は京成杯と愛知杯もありますが、愛知杯はもう訳がわからない(笑) 興味もありません。というわけで予想するのは日経新春杯。バタバタしちゃうので、水曜の夜ですが休みで気持ちと時間のあるうちに予想をまとめておきたい。

 ハンデ重賞の割には馬連は荒れにくいように感じますが、去年は6人気と10人気馬で決まってます。1人気馬はこの10年でたった1勝(2着3回)、2人気馬が4勝(2着1回)、3人気馬が1勝(2着3回)。上位人気馬のどれかから手広く買うのがいいのかもしれません(3連馬券でも同様)。ただ、オッズで言うと単50倍を超えるような不人気馬は来ていない(0/46)。8歳以上馬は来ていません(0/18)し、7歳馬も人気薄なら来ない(3着もない) 4,5歳馬が優勢のようです。

 関東では翌週にAJCCがありますから、遠征してくる馬自体が多くないのですが、この10年で連対した関東馬はいない(0/14) 03年2着コイントス以来ない。その前年2着のホットシークレット、00年勝馬マーベラスタイマーにも言えますが関東馬なら3人気以内。ハンデ戦なので斤量が気になりますが、重すぎる馬(56.5以上で2/17)も軽すぎる馬(54未満で1/36)もあまり来ない。54~56kgは絶対数が多いのもありますが、率で言っても16/80で優勢です。前走比での斤量増減は斤量減の馬が多く馬券になっていますが、率で言えば増えても、同じでも、減っても大差ない。

 枠順は13番より外で連がない……ですが、そもそもフルゲートになることがあまりないレースですし、12番は2連対、11番は3連対していますので、あまり気にしなくて良さそう。そもそも今年は13頭しか登録がない。前走は重賞組が優勢。重賞組は前走で大敗しても巻き返しがある(勝ち負けしているに越したことはない) OP特別よりは、準OPを勝ってきた馬のほうがいい。OP組は格上でもなく、勢いもなく中途半端なのかも。この10年では、OP特別を勝って参戦という馬がいませんしね。

 前走がマイル戦の馬は馬券になっていない。1800の馬も2着が2度あるも勝っていません。一方で3600のステイヤーズS組も1200も短縮はショックがデカイのか一切馬券になっていません。2000~3000という2400の施行条件に近いほうが良さげ。当たり前ですがダート馬の連対はない(3着は1度ありますが) 牝馬はメイショウベルーガ、テイエムプリキュアで2勝。京都実績があればOK。けっこう絞り込めそうな感じがしますね。

☆チェックポイント☆
・8歳以上…コスモロビン、ダコール、メイショウウズシオ、メイショウカンパク
・7歳で5人気以下…アドマイヤフライト?
・ 関東馬で4人気以下…コスモロビン、プロモントーリオ、ダービーフィズ
・前走がマイル以下…いない
・前走がステイヤーズS…いない

 残ったのは、サトノノブレス、シャドウダンサー、シュヴァルグラン、ベルーフ、レーヴミストラルの5頭。この中では4歳で、54kg、3連勝中であり、京都2400をなかなかの時計で勝っていて、ルメール騎乗のシュヴァルグランでしょうか。レーヴミストラルは上が3歳春のトライアル血統という印象が否めない。人気にもなりそうですしね。

◎シュヴァルグラン
○プロモントーリオ
▲サトノノブレス
△ベルーフ
△アドマイヤフライト

 このメンバーで外国人騎手が馬券にならないなんて思えない。むしろ外国人の1,2の可能性が高い。あとは京都だしディープ産駒は押さえておきたいですよね。シャドウダンサーも気にはなるんですが、勝負かけてるなら、テン乗りの藤岡弟を乗せないような?◎からの3複で考えていたのですが、何かヌケそうな気もしますし、1人気軸の3複買っても、10~30倍ぐらいでしかない。それなら枠複を厚めに買ったほうがいいかな。馬券は枠複6-5,7が本線、抑えで6-3と5-7の計4点。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年日経新春杯回顧 | HOME | 16年TCK女王盃回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |