ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

冷え性と温泉

 1月に入ってから気温は平年並みなのですが、日照時間が明らかに平年よりも長く感じます。平年は雪が降ってなくても、どんより曇り空で日が射す時間はほとんどないのですが、今年はよく晴れてます。結果、降雪量がかなり少ない。今年の弘前の積雪量は50cmを一度も超えていないはず(まめにチェックしてます) ときどき降った雪がそのまま凍ってアイスバーンになることが多い。圧雪状態のほうがクルマは走りやすいね。まあ、乾いた凍結路という条件は、俺が冬タイヤに選んだピレリ・アイスアシンメトリコの特性には合ってそうですが。冬タイヤも夏タイヤもピレリ。いや、ピレリが大好きで仕方ないというわけでもなんでもなく、単に安いから買っただけなんですがね(笑)

 このごろは寒いので家の風呂じゃなかなか温まらないし、そもそも帰宅してから風呂に入るのも面倒なので、ちょくちょく温泉へ行ってます。やはりお湯と温泉では違うなあ。身体の芯まで温まるし、そもそも広さが全然違いますから、ゆったりできます。で、昨日の話。俺がアタマを洗っていると、隣からプシュっという缶を開ける音がしました。まさか、公衆温泉の浴室内でビールでも飲む気では……?と薄目を開けて隣を見たら、ビールではなく、ポカリスエットでした。いや、ポカリでもおかしいだろwww まあ、迷惑かけてるわけでもないので華麗にスルーしましたけどね。でも、温泉内でポカリ飲んだらおいしそうだなあと思わないでもない(笑)

 あと、温泉に行く理由としては俺、冷え性なんですよね。幼少の頃から自律神経失調症なので、そのせいなのかもしれない。クルマで指導先に移動している最中でも、足元が冷えて気になる。足元へも温風を当ててはいるんですが。時には寝るときも靴下はいたまま寝たりします。スッキリしませんけどね。逆に夏場は脚元が火照ってしかたない。だから、夏場は足元に扇風機の風を当てなきゃ寝られないという難儀な体質です。雪が溶けるまで、受験が終わるまでは温泉に頻繁に通うことになりそうです。回数券でも買おうかな。そのほうがお得だしさ。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年川崎記念展望 | HOME | 『未来』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |