ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年川崎記念回顧

☆川崎記念結果☆
◎サウンドトゥルー……2着
○ホッコータルマエ……優勝
▲アムールブリエ………3着

 川崎記念らしく人気順での決着というガッチガチの決着で終わりました。わかりきったことなので、いつもよりは厚く賭けたのも良かった。大した配当ではないですが、現時点ではプラス収支。本命党なので一発逆転はできません。いつまでプラスをキープできるかが大事。交流重賞は現在2連勝。次は佐賀記念。交流重賞で太く勝負して、地道にプラスを増やしていきたい。ギャンブルなのに手堅くってどういうことかと思われるかもしれませんが、ギャンブルみたいな人生しているので仕方ない(笑)

ホッコータルマエは昨秋のGIで勝ちきれず、ジーワン10勝を前に足踏みしていましたが、ここで10勝達成。交流だろうがなんだろうがジーワン10勝は大記録ですし、ドバイWCでも5着の馬。サウンドトゥルーは直線で猛追してきましたが、アタマ差届かず2着。4馬身後ろの3,4着争いもアタマ差で、アムールブリエがマイネルバイカを捕まえました。さらに5馬身差の5着にカゼノコで、案の定、掲示板を中央馬が独占。もう1頭の中央馬パッションダンスは10着惨敗。

 川崎だけにコーナーで減速して14.0というラップが2度ありますが、その後に11.9、12.0のラップが刻まれているように、緩急があって案外、ペースが緩みませんでした。ザミットストーンが逃げ、マイネルバイカ、パッションダンスが続く展開でしたが、パッションは2周目3角で失速、サミットも直線入口まで。マイネルバイカは頑張りましたが、馬券にはギリギリでなれず。とはいえ、パッションダンスはタッチデュールにも先着される有様ではダート適性などなかったといわざるをえない。

 ラクな流れにはならなかったのはサウンドトゥルーには良かったのでしょうが、今日のホッコータルマエは二枚腰を使って粘り勝ち。ここ2走はコパノリッキーを自分で潰しに行ったのが響いていた。ただ、今回はそのコパノはいないのにアタマ差。確実にサウンドとの差は詰まっている……というかもう同格ですね。オッズが示すように。今回、タルマエが勝てたのはコース適性の差だろうと思います。大井なら差されてた。次にこの2頭が激突するのは帝王賞か、JBCか。再戦が楽しみです。

 サウンドトゥルーは猛追するも届きませんでした。インを周っていたわけで、そのままインから伸びれば良かったのかもしれませんが、川崎はコーナーが急ですから難しかったのかな。鞍上にも馬にとっても。タルマエと互角の勝負ができるまでになりましたが、この馬も6歳です。ノンコノユメやホワイトフーガなど、活きのいい4歳が出てきていますし、ダート界も混沌してきそうな予感があります。馬券的には面白くなりそうな感じもしますが。

 アムールブリエは上位2頭との実力差を見せ付けられた形になりましたが、前走に続いて牡馬相手でも普通に勝負になるところを見せました。次はエンプレス盃かダイオライト記念か。ホワイトフーガがフェブラリーSへ向うようですし、エンプレス盃なら連覇濃厚とも思えますが、ダイオライト記念で牡馬相手でも勝ち負けになりそう。マイネルバイカは佐賀記念へ向かうと戦前から決めていた模様。カゼノコは好走するための条件が多すぎて、今後も2~5着を繰り返す煮え切らない状態が続きそう。アテにならん。


スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<徒然睦月日記 | HOME | 16年川崎記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |