ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年中山記念回顧~日本競馬の結晶~

☆中山記念予想結果☆
◎ドゥラメンテ………優勝
○アンビシャス………2着
▲イスラボニータ……9着
△ラストインパクト…6着
△フルーキー…………4着

 骨折休養明けの昨年のクラシック二冠馬ドゥラメンテが、人気に応えて復帰戦を勝利で飾りました。骨折は完治したでしょうが、休み明けでレース感覚が鈍ることはありそうですし、GI馬なので他の4歳馬より2kg多く背負わされていましたが、ちょうどいいハンデだった模様。鬼に金棒、ドゥラにミルコ。ミルコはこれで重賞騎乗機会5連勝。勢いが止まらない。まあ……平場で止まってるんですが(笑) 2着に追い込んできたアンビシャス、3着も差してきた2人気リアルスティールで、明け4歳馬が上位独占。皐月賞馬3頭対決でもありましたが、ロゴタイプは7着、イスラボニータは9着に沈没。

 ドゥラメンテはロゴタイプやラストインパクトを交わしてから、ソラを使ったようで、最後は2,3着馬に差を詰められました。でも、骨折休養明けですし、無事に走り、そして勝った。それで十分だろうと思います。ドバイ(シーマクラシック)へ行くかどうかは今週発表されるようですね。相手があるのが競馬ですが、この人馬なら当然、勝ち負けになっていいはず。春天はまるで視野になさそう(笑) ドバイか香港使って、宝塚記念でしょうか。宝塚記念に勝たないと凱旋門賞出走の打診はきません(ダービースタリオンかw) 

昔、某局のアナがディープインパクトのことを「これが近代日本競馬の結晶だー!」とかわめいてましたが、ディープは父母ともに外国産であり、日本競馬の結晶でもなんでもない(笑) それはドゥラメンテにこそふさわしい。曾祖母ダイナカールを応援していたじいさんもいるでしょうし、祖母のエアグルーヴを応援していたOSSAN(=俺)もいるし、母アドマイヤグルーヴをきっかけにファンになった人もいるでしょう。あるいはルーラーシップ(叔父に当たる)のファンだっている。もちろん父キングカメハメハのファンだってたくさんです。まさに日本競馬の結晶。乗るのはイタリア人ですが、大和魂があるからおk。今後が楽しみですよ。

 先週のフェブラリーSに続いてミルコ→ルメール。アンビシャスも休み明けですが、故障していたわけでもないし、昨秋の時点で古馬一戦級とのメドはついていた。こちらは次は大阪杯あたりでしょうか。GI馬と戦えるだけの力はありますが、このままではGI出走がおぼつきませんので、重賞タイトルを積み上げたい。リアルスティールも力があるところを見せましたが、気づけば1年以上未勝利。いや、怪物ドゥラメンテと同世代で、ツキもないのかもしれませんが、そもそも鞍上が重賞で今ひとつな人です。こちらもまず一つ重賞タイトルを積んでおいたほうがいいんじゃないかなあ。出たいレースに出られなくなりそう。

 アーリントンCもダンツプリウスの複をとり、中山記念も展望どおりに馬券を取りましたが、それでも2月はやや負け。1月終了時点ではギリギリ回収率100%超えだったのですが、2月終了時点では90%まで低下。ただ、買うレースは絞って、コンスタントに当ててるので、例年になくいい感じ。ただ……馬券の買い控えするのはややストレス溜まるなあ。馬券ジャンキーですかね(笑) あと1週で、仕事も繁忙期から一転しての閑散期になるので、週休0日から週休3日ほど。地方競馬のヒラバをどんどん買ってしまいそう。ガマンできるか、俺?
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年エンプレス盃展望 | HOME | 16年中山記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |