ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年エンプレス盃展望

 ミルコは中央重賞で騎乗機会5連勝を飾りましたが、ヒッソリと俺も中央重賞購入機会3連勝中とまあまあ好調です。でも、自信があったわけでもないし、ほんの少ししか張っていません。勝負をかけるのはやはり交流重賞です。今日は川崎でエンプレス盃が行われます。10頭立ての少頭数。川崎開催なのに川崎所属馬はいないという完全なる馬場貸し状態。中央5頭、笠松2頭、高知、浦和、船橋が1頭。

地方馬で実績上位は、浦和のトーセンマリオンでしょうが、3走前の関東オークスは3着と言えども、相手がのちの女王ホワイトフーガといえども、3.1秒はちぎられすぎ。3.1秒差の間に中央5頭は収まりますよ。中央馬のどれかがしくじったときに掲示板に載れるかというところでしょうか。あるいはタッチデュールのほうが上かも。TCK女王盃でホワイトフーガと2.2秒差ですので。ユーセイクインサーはそんなタッチデュールにも先着される始末だし、オープンベルトは南関B級で大敗。そんな馬、重賞に出しちゃダメだろ……。ララベルやノットオーソリティはどこへ行ったんだ?(笑) 悲しいことですがこの面子の地方馬が馬券になることは九分九厘ない。川崎競馬なのに、中央馬の、中央馬による、中央馬のためのレースです。

 そして、中央馬もアムールブリエの実績がダントツです。ほか4頭は重賞どころかOP馬ですらありませんしね。アムールブリエのヒモに何を買うか。それだけが問題のレースです。去年こそ2人気のアムールブリエが勝ちましたが、この10年、2人気は1-1-3-4であり、あまり芳しくない。3人気のほうが3-3-1-2と結果を出しています。以下は中央馬の短評。

・イントロダクション…準OPで2度2着。準OPで勝ち負けなら、牝馬交流重賞では足ります。事実、この馬が2着の北総Sで8着だったタマノブリュネットはTCK女王盃で3着。問題は脚質ですが、アムールの前にいる馬は掃除されそうな気もしますが、昨日のレースを見ると前残りが顕著なんだよなあ。

・ ヴィータアレグリア…間隔を開けながら500万、1000万と連勝中。正直、時計は遅いのですが、鞍上が南関を知り尽くしている戸崎。巧く立ち回れそうな馬と鞍上なんですよね。

・ アムールブリエ…重賞3勝で、昨年の勝馬で、前走は川崎記念3着。実績だけでなく、コース適性もダントツでしょう。浜中が戦線離脱のため、ユタカへスイッチ。ユタカもこのレース3勝ですし、何の問題もなさそう。

・ ティンバレス…1000万勝ちからの参戦。時計はヴィータよりもこちらのほうが断然良い。川田で実績をあげている馬でもあります。少し気になるのは、右回りと比べて左回りの成績が見劣ること。杞憂でしょうか?

・ タマノブリュネット…TCK女王盃3着。川崎でも昨夏、A2の交流戦を勝った実績もあります。この馬が2人気でしょうが、2人気がイマイチなレースですし、この馬自身、二度の重賞でいずれも3着。また3着のような……?


◎アムールブリエ
○イントロダクション
▲ティンバレス
△ヴィータアレグリア

 アムールブリエが単1.1倍ほどの圧倒的人気。当たり前です。ほか中央4頭の単が10倍ほど。地方5頭はすべて単万馬券。アムールブリエの相手が何かだけ。3,4点に絞れるなら3単でもいいですが、俺は自信がないので馬単でいい。アムールをアタマにバラバラ買うなら馬単も3単も大差ないですから。ガミはなさそうなので、馬単3点で。
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年エンプレス盃回顧 | HOME | 16年中山記念回顧~日本競馬の結晶~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |