ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年エンプレス盃回顧

☆エンプレス盃予想結果☆
◎アムールブリエ………優勝
○イントロダクション…4着
▲ティンバレス…………3着
△ヴィータアレグリア…2着

 単1.1倍の圧倒的人気のアムールブリエが快勝。エンプレス盃連覇で重賞4勝目を挙げました。2着に3番手から伸びてきたヴィータアレグリア、逃げたティンバレスが3着。以下イントロダクション、タマノブリュネットで、大方の予想通りで掲示板はすべて中央馬という結果となりました。地方馬最先着はトーセンマリオンで5着とはクビ差。惜しかったですね。

 1頭だけ重賞3勝、しかも昨年の勝馬。他は1000万勝ちの馬と地方馬では、アムールブリエが勝つのは当たり前です。ただ、ワイルドフラッパーを突き放した昨年や、持ったままでニホンピロアワーズを寄せ付けなかった2走前と比べると、ちょっと物足りない内容。今後は帝王賞が目標となるようです(ミキオ師の談話) 可能な限り2000以上を使っていくのでしょうね、たぶん。

 ヴィータアレグリアは「時計が遅い」と展望で書きましたが、中央で走る分には問題だったかもしれませんが、川崎で走る分には問題なかった。むしろ連勝中の勢いと戸崎騎乗のプラスが勝っていました。「立ち回りが巧い」と書きましたが、戸崎の談話にもそんなことがありますね。差しきってしまうんじゃないかと一瞬ドキっとしました。ただ、スタートしてからちょっとカカっているようにも見えました。

 ティンバレスは4角前の手ごたえがアムールよりも良さそうでしたが、残り100で力尽きました。ただ、完全燃焼はしたのではないでしょうか。終始、アムールブリエにマークされる形で、展開はラクじゃないと思いましたが、大崩しませんでしたから。逆に後ろにいたイントロダクション、タマノブリュネットは見せ場なかったですね。田辺は談話で「どれを負かそうかと構えていましたが、どれも負かせませんでした」……あのね(笑) 

アムールが勝って、タマノが来なければ良かったので、1周目向正面でもらったと思いました。アタマが鉄板のレースでしたし、もっと大きく張れば良かったかなあというのと、馬単よりも枠単のほうがついたのが少し残念でした。まあ、枠単のほうがつくというのはしばしば見られることではありますが。週末には弥生賞、チューリップ賞、来週はダイオライト記念。GI戦線へ向けて、この調子で負けない競馬で行きたいですね。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年弥生賞展望 | HOME | 16年エンプレス盃展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |