ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年弥生賞展望

 昨日のチューリップ賞は先週の土曜と同じで、穴馬の複。フォールインラブの複を買って、道中はいい感じかな?とも思ったのですが、直線でまるで伸びず惨敗。新馬戦は先行して2着でしたが、ここ二走は差しての勝ち負け。差しのほうが結果的に良かったのか?ただ、最内ですし、前走のように出負けしたわけでもないし、前々で競馬してまけたのは仕方ないかもしれません。勝ったのは3人気シンハライト。3戦3勝で桜花賞の出走権を獲得。重賞騎乗機会5連勝中だったミルコのジュエラーは叩き合いの末、ハナ差惜敗。ただ、負けはしたものの、賞金加算できたのは大きい。これで春のGIで賞金的に弾かれることはなさそう。ただ、昨日の上位馬が怪物にしか思えないメジャーエンブレムに対抗できるかといえば微妙かもしれません。

 さて、今日は弥生賞。皐月賞の前哨戦です。昨年は前日オッズで単勝10倍以下が5頭と人気は割れ気味でしたが、今年は10倍……というか4倍以下が3頭で、4人気のタイセイサミットは20倍見当と3頭に人気が集中。でも、人気3頭って1頭コケるイメージが強いです。ただ、割って入れそうな馬もそのタイセイサミットしかいないような。札幌2歳S馬で5人気のアドマイヤエイカンは前走大敗の上に連闘というナゾのローテですし、6人気以下の馬は未勝利しか勝っていない上に、前走惨敗馬ばかり。うーん。一応、短評も。

1. アドマイヤエイカン…札幌2歳王者。暮れの重賞で3,5着はともかく、前走が先週のすみれSで惨敗。そして連闘というのはどうなのか?岩田も今年はイマイチですね。やけに3着が多い……のはこの面子、この馬にはいいことかも?(笑)

2. シャララ…マイル以下しか使っておらず、目だった時計もなく、前走は人気もなく、その人気どおりに惨敗。買えない。

3. タイセイサミット…前走500万勝ち。今回と同じ中山2000を勝ったというのは良い。しかも、ホープフルSよりも1秒以上早い時計。3強に割って入るならこの馬しかいないように思えます。ただ、実際に朝日杯ではリオンディーズ、エアスピネルにちぎられている点がどうか。

4. エアスピネル…デイリー盃勝ち、朝日杯2着。前走は完全に勝ちパターンと思えましたが、勝馬だけ異常な脚で伸びてきて敗北。まるでその10年前のオークスの母馬同士のような。マイルまでしか経験ないですが血統的に2000が持たないわけがないし、立ち回りの巧さは母譲り。大崩は考えにくい。

5. ヴィガーエッジ…芝で勝てずにダートで未勝利勝ち。芝でまるでダメだったわけでもないし、500万なら芝でも面白そうとも思うのですが、ここはさすがに家賃が高いと思います。

6. モウカッテル…未勝利勝ち以外はすべて掲示板にも載れぬ大敗。その未勝利勝ちもダートです。とても買えない。

7. ケンホファヴァルト…前走未勝利勝ち。距離実績があるのはいいのですが、それだけでどうこうなるとも思えません。それと前々で競馬する馬はエアスピネルに掃除されそうな感じがします。

8. イマジンザット…前走が500万4着。ここが4戦目と使われてないことや鞍上が戸崎なのは不気味。時計に目立つものはないですが、人気3頭以外、買いづらい馬が多いので、この馬が6人気なのでしょうね。

9. モーゼス…前走500万3着。目だった時計はないし、OPや重賞で大敗しての500万3着。使われ方もクラシックを狙う馬って感じではないですね。軸を絞って3連のヒモ穴でなら、というところでしょうか。

10. リオンディーズ…2歳王者。前走は完全に抜け出したエアスピネルを、一頭だけ図抜けた末脚で差しきりました。母はシーザリオ、兄はエピファネイア、乗るのはミルコ。エアスピネルも以上に、こちらのほうが距離が伸びて良さそう。事実、2000の新馬を勝ってますしね。勝ち負け必至。

11. マカヒキ…新馬、若駒Sと連勝中。乗るのはルメール。前走は上がり32.6という尋常じゃないタイムで差しきり。ただ、姉が京都巧者なんですよね。そして、中山……というか関東では馬券になってない。姉とはモノが違う可能性もありますが、朝日杯の2頭より上とは考えていません。勝つかもしれないけど、馬券にならないかもしれない。人気3頭で一番、不安定なのはコレかな。

12. エディクト…母が京王盃SC勝ちのサンクスノート。初仔がこの馬。血統はいい。でも、未勝利勝ちの後の500万がいずれも10着。これを買うなら、先着しているモーゼスのほうがマシ。

 ◆チェックポイント◆
・前走が新馬・未勝利戦で1番人気ではない……いない
・前走がOP特別で5着以下/4人気以下……アドマイヤエイカン
・前走が500万下で3着以下/4人気以下……シャララ、イマジンザット、モーゼス、エディクト
・前走が重賞で8着以下……いない
・前走がダート戦……ヴィガーエッジ
・今回10番人気以下……モウカッテル、ケンホファヴァルト、エディクト
・10戦以上している……いない
・中山芝で2度以上出走かつ複勝圏内がない……いない
・重賞で2度以上出走かつ複勝圏内がない……タイセイサミット

 残ったのは、エアスピネル、リオンディーズ、マカヒキと人気3頭だけ。絞れましたが、ある意味当然。上記の消去法は連対馬ベースですし、3着は紛れるおそれもありますが、2連馬券は堅そうです。元々、弥生賞はあまり荒れないレースですしね。

◎リオンディーズ
○エアスピネル
▲マカヒキ

 馬券は馬単2点。リオンディーズの単は2倍もつかないようですし、それなら馬単のほうがマシかな、と。2着も○▲のどちらかでしょうし。外れるなら▲がアタマまで、なんでしょうが、ミルコとルメールなら、やはりミルコが勝ちきると考えるべきでしょう。そもそも馬の実績も血統もリオンのほうが上でもある。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年弥生賞回顧~デムルメばかりの重賞競走~ | HOME | 16年エンプレス盃回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |