ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年弥生賞回顧~デムルメばかりの重賞競走~

★弥生賞予想結果★
◎リオンディーズ……2着
○エアスピネル………3着
▲マカヒキ……………優勝

 3強の3強による3強のための弥生賞でした。下馬評通り。4着の4人気タイセイサミットは3着から5馬身も後ろ。5着も5人気アドマイヤエイカン。ほぼ人気順で決まっていますが、1,2着だけが人気と逆で、勝ったのは2人気のマカヒキ。2歳王者リオンディーズは2着惜敗。リオンディーズの朝日杯の競馬を、今回はマカヒキにされたという印象。エアスピネルも途中まで、マカヒキと一緒になって伸びていましたが、途中で置いていかれました。ここ2週、先々週のメインも先週のメインも、ミルコ→ルメールでしたが、今週はルメール→ミルコでした。3週連続でデムルメの馬複1点で良かったんですね。

 展望でマカヒキを「勝つかもしれないけど、馬券にならないかもしれない」「外れるなら▲がアタマまで」などと俺はのたまっており、負けフラグを立ててしまっていたようです。リオンディーズが抜け出して、2,3番手もマカヒキ、エアスピネルの残り200では、もう伸びるな!そのままそのままあああ!と、出先でスマホに向かい念じましたが、無情にもマカヒキ差しきり。ただ、今回の勝利をもってマカヒキが、この世代の最有力馬とは言えません。サトノダイヤモンドをはじめとして、有力が他にもゴロゴロいますし、そもそも、マカヒキはここで4着以下なら春クラシック出走が厳しくなりますし、連対での賞金加算は至上命題であり、できるなら勝たねばならなかった。結果が求められる一戦だったのに対し、リオンディーズ、エアスピネルは賞金的にクラシック出走は既に確定的。その差もあったかと思います。ただ、京都巧者?だの関東でどうか?だのという書いたのはまるで的外れだったようで……。

 リオンディーズは前走のような後方一気ではなく、新馬戦同様に前々での競馬。自力で勝ちにいく競馬。結果、マカヒキの目標とされ、差しきられてしまいましたが、レースの幅を広げていると思いますし、今後へ向けては有意義だったはず。ややカカっていた面もあったから行かせたのかな。下手に無敗でいるより、陣営の気も楽になるでしょう。GIIで惜敗しようが、GIで勝てばいいわけですしね。今日は負けましたが、1600よりは2000、2000よりは2400の馬だろうと思います。しかし、シーザリオは名牝ですね。さすが、ジャパニーズスッパスタアアア!と呼ばれただけありますよ(笑)

 エアスピネルは朝日杯に続いて、後続の500勝ち馬だの札幌2歳王者などをぶっちぎっているのですが、また負けました。ユタカの談話にも「普通なら勝てるレベルの内容で3着」とあります。見てる側もそう思いますよ。ここ数年の勝馬よりもエアスピネルのほうが上じゃないかと思えるのですが負けてしまう。ただ、やはり競馬っぷりが器用で、大崩しそうにない馬だと改めて感じました。本番は面子がさらにグっと強化され、今回、前2頭に2馬身差をつけられたこともあり、人気が落ちそうですが、本番でもソツなく立ち回って2,3着に持ち込めるだけの実力はありそう。反面、勝ちきるイメージもまるで湧かなくなってしまいましたが(笑)
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カネと学 | HOME | 16年弥生賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |