ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年ダイオライト記念回顧~今週も交流はユタカ~

☆ダイオライト記念結果☆
◎ユーロビート…………3着
○クリソライト…………連覇
▲クリノスターオー……2着
△ストロングサウザー…6着
△マイネルバイカ………5着

 唯一のJpnIであり、昨年の勝馬でもあるクリソライトが、骨折休養明けながら逃げ切って完勝。ダイオライト記念連覇達成です。2着に先行したクリノスターオー。3着にマクリ気味に進出してきた大井のユーロビート。4着も船橋のクラージュドールで、やはりこの条件では中央馬の上位独占は簡単ではない。ユーロビートに◎を打ってますが、あくまで3連の軸として買ったので、3着でもOK。ただ、クリソライトが飛ぶわけはやっぱりなかったので、◎○の3複2軸にして、額を2倍にして買うのがベストだったか。来週も交流重賞、高知で黒船賞があります。昨年、3単を獲ったレースですし、勝負に出たいところ。週末の中央重賞はまあ、さらっと(笑)

 クリソライトは内枠だし、やはり逃げましたね。昨年の日テレ盃がそうでしたが、常軌を逸したハイペースでガリガリやっても、粘ってしまう馬です。こんなチンタラした流れなら押し切って当然。勝ち時計は21世紀に入ってからは2005年と並んでワーストタイ。骨折後の慣らしにはちょうど良かったんじゃないでしょうか。着差はそれほどでもないけれど、2周目4角でのユタカと幸の手ごたえの差は歴然。音無師の談話では、中央重賞を使って、帝王賞のようです。平安S→帝王賞といったところでしょうか。ユタカはコパノリッキーに乗るでしょうし、川田に戻すのか、デムーロでも乗せるのか(ルメールはノンコがいますしね)

 クリノスターオーは前走で緩かった馬体もいい感じに絞れていた。負けたのは実力差でしょう。この馬の競馬はした。ナゾなのはマイネルバイカ。なぜ中団にいるのか(笑) 前で競馬して結果を出してきた馬なのに。ましてこの馬場、この展開で差せるわけがない。展望でも書きましたが使い詰めの疲れもあるんじゃないでしょうか。ストロングサウザーは位置取りもそうですが、前走が前の出入り激しく、漁夫の利で勝ったようなフシがあるし、距離が伸びるのも決してプラスではなかったのかもしれません。ユーロビートは吉原が道中インで溜めて、直線で外に出すソツのない競馬。船橋コースがどうかでしたが、対応しましたね。次、小回りに出てきたら消して美味しいはず(笑)
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『心が冷える前に』 | HOME | 『半熟偽善者』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |