ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年黒船賞回顧~馬は連覇、人は初勝利~

☆黒船賞予想結果☆
◎ダノンレジェンド……連覇
○ニシケンモノノフ……2着
▲ドリームバレンチノ…4着
△タールタン……………3着
△メイショウオセアン…ビリ
※ラブバレット…………7着
※ドリームコンサート…6着

 ここ3年連続で的中しているレースであり、昨年は3単万馬券も取っています。去年の夢をもう一度!と今年も3単で勝負!そして見事に当たった……のですが、人気順の決着で万馬券どころかガミでした(笑)3着に人気薄を期待したのですが、1,2,3人気の順ではどうもなりません。まあ、結果論です。一発ホームランを狙ったら内野フライ。気を取り直して、明日の名古屋大賞典で巻き返したい。まあ、今日の大井の京浜盃でも軽く負けたのはナイショです。

 ダノンレジェンドは連覇達成。ミルコは高知で初勝利だそうで。好スタートを切りましたが、ラブバレットが行きたければ行かせて、ドリームバレンチノがまくってきてもマイペース。58kgも休み明けもなんのその。ここでは格が違ったとしか言いようがない。去年、取り損ねた勲章を今年は取ることができるでしょうか。今年は川崎1400。事前に川崎を走ることはないでしょうが、様々な競馬場で結果を出している馬ですし、不安はないかと思われます。去年と同様のローテーションでしょうね、きっと。

 ニシケンモノノフは一時、低迷していましたが、重賞の舞台に戻ってきました。門別デビュー馬で、交流重賞勝ちもある馬。地方のほうが合ってそう。乗るのが戸崎ならなおさらです。交流路線としては5歳は若いほうですし、今後のこの路線では注目の一頭となりそう。どこかで再び交流重賞勝ちのチャンスはありそう。タールタンはFなので……というか、小回りの高知が合ってない。地方でも大井や盛岡なら巻き返しがあって良さそう。その際はルメールかユタカにしてほしいもんです(笑)

 ドリームバレンチノは向こう正面でマクリをかけましたが、ダノンレジェンドに並んだところで力尽きました。早漏騎乗などと揶揄する人もいますが、俺はあれもアリとは思います。馬に2、3年前の力があれば押し切っていた。残念ながら衰えが否めないのと斤量でしょうか。なんか晩年のセイクリムズンみたいになってきたなあ。メイショウオセアンは何の見せ場もなくズルズル後退のビリ。落鉄していたそうですが、それでもこの面子でビリってのはどうなのか?

 地方馬最先着は地元のスクワドロン。意外にも交流実績のある馬ではなかった。格下ですが、タールタンから5馬身差、ドリバレから2馬身差で、ドリームコンサートにクビ差先着。地の利もあるんでしょうが、やはり東海・近畿地区でならいい勝負になりうる馬なのかもしれません。ラブバレットは逃げて完全燃焼。今回は残念な結果でしたが、今後も遠征を続けて欲しい。夏場はスーパースプリントシリーズ制覇が目標でしょうか。南関馬相手でも面白いと思います。

 余談。朝の情報バラエティを旅先のホテルのテレビで見ていました。黒船賞のことは一言も触れずに、ななこ、ななこですわ。で、ななこVS別府真衣というテーマで番組は扱っていました。黒船賞の日の3Rで、ななこは1人気、勝ったのは別府真衣で、女性騎手対決は別府真衣勝利という様に報じやすいからなんでしょうな。で、番組内で……「『悩殺クイーン』の異名を持つ別府騎手は~」。俺はそっとチャンネルを変えました(笑) どこで呼ばれてるんだ?どこで?高知競馬場の常連が呼んでるの?んなわけないよなあ。マスゴミのテキトーさにあきれはてましたよ。ちなみに、俺はななこ派でもまいーご派でもなく、愛知の葵ちゃん派だ(誰も聞いてないw)
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年名古屋大賞典展望 | HOME | サクラサク16……そして旅行へ。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |