ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年高松宮記念回顧ほか

★高松宮記念予想結果★
Bミッキーアイル………2着
Bウリウリ………………9着
Bエイシンブルズアイ…5着
Bローレルベローチェ…16着
Bスノードラゴン………7着
Bレッツゴードンキ……8着

 重賞未勝利馬なのに1人気ってどうなの?と思ったのですが、ビッグアーサーが重賞初勝利をGI勝利で飾りました。サクラバクシンオー産駒は15年連続の重賞勝利。この馬がバクシンオー産駒の最後の大物かもしれませんね。人気を分け合ったミッキーアイルも、逃げ馬を交わして、直線で踏ん張っていましたが、最後はビッグアーサーの差し足に屈しました。力の差というよりは位置取りの差かな。松山騎手はソツなく乗ったとは思いますが。アルビアーノはよく伸びたと思いますが、前が止まりませんでした。1人気で単3.9倍と人気は割れ気味でしたが、すべての券種で1人気(複・ワイドは2,3人気も)決着。こんなに堅く決まるとは予想外もいいところ。

 福永騎手はマイルを中心に短距離GIに強いですが、これは彼のスタートの上手さに拠るのではないでしょうか。位置取りや仕掛けに傍から見ているとイライラすることもありますが、スタートは文句なしに上手い。彼の馬が出遅れるのをあまり見かけませんし。日経賞も2着、阪神大賞典もフラワーCも勝って絶好調。故障明け直後はサッパリでしたが、ここ数週は以前よりも積極的な競馬が目立ちます。そして、それが結果にもつながっている。降ろされたリアルスティールがドバイの地で悲願のGI制覇を挙げましたが、リアルスティールは皐月賞のような競馬が合っているんだと思います。

 ミッキーアイルはこの馬の競馬をしたと思いますし、あれで差されるのは仕方ない。最後まで止まっているわけではありませんし。やはり阪急杯で勝ち負けした馬は強いですね。適鞍がないし、次は安田記念でしょうか(京王杯SCを挟むかもしれんが) 1200も1600もこなせるけど、ベストは1400のような気がしないでもない。アルビアーノはよく差してきましたし、前走より着順は上がっていますが、番手で競馬した2頭が勝ち負けしているのを見ると、柴山騎手騎乗時のように先行したほうが良かったのかも?これでスプリント戦線の主役がビッグアーサーかと言われると、まだ次を見ないとわからない。中山向きじゃないように思えるしなあ。

 土曜の深夜、日曜の未明にかけてドバイワールドシリーズが行われ、日本馬はUAEダービーのラニ(武豊)、ドバイターフのリアルスティール(R.ムーア)と2勝を挙げました。リアルスティールの好走は予想できたのですが、ラニが勝つとは思いませんでした。ドバイワールドCでホッコータルマエが追走もままならなかったように、日本の砂コースと米国やドバイの土コースは異質ですから。しかも、ラニはヒヤシンスS5着馬です。兄姉が砂コース(それも地方の)で完勝する馬だっただけに。7頭と頭数少なく、内日本馬が3頭(ラニ以外は1勝馬)という面子に恵まれた部分はあったかと思います。でも、ラニもスタートでつまずいてバランス崩してるんですよね。次はケンタッキーダービーらしいですが、期待しすぎずに応援したい。

 勝ったラニも、3着ユウチェンジ、5着オンザロックスも無事に帰国してほしい。そして、帰国緒戦は人気を集めて飛んで欲しいと思います(笑) 実際、その可能性は高いと思います。ホッコータルマエにしても、古くはアドマイヤドンにしても、他もたくさんいますが、帰国緒戦は調整が難しいのか、苦戦を強いられるケースが多いですしね。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<レース名と暦 | HOME | 『ハッピーエンド』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |