ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年大阪杯回顧

★大阪杯予想結果★
◎ショウナンパンドラ……3着
○ラブリーデイ……………4着
▲アンビシャス…………優勝
△ヌーヴォレコルト……6着
△タッチングスピーチ…9着

 切った馬……というかキタサンブラックが粘っちゃうことだけを恐れていたのですが、スローペースで絡まれることもなく、キタサンは2着。1000が61.1と表示された時点でキタサンが残るのは明白で、もう諦めました(笑) ちょっとカカり加減ではありましたが、2番手追走のアンビシャスがキタサンを交わして優勝。中団から伸びたショウナンパンドラが3着。1人気のラブリーデイは特に見せ場もなく4着、中団からなだれ込んだイスラボニータが5着でした。

 正直、あまり今後の参考になるレースではなかった。メンバーがそろって激戦を期待しましたが、あまりにもメリハリのない競馬。アンビシャスは伊達にドゥラメンテとリアルスティールの間に食い込んだわけではないなあと思いましたが、休み明けのGI馬に対して、アンビシャスは一回使われている点、それとGI馬じゃないので斤量面での恩恵もありました。今回をもって2,3着馬より上とは言えない。ノリさんの談話にあったように、もっとパンとすれば大きなところを狙えるだけのポテンシャルはありそうですが。

 キタサンブラックは休み明けとしては上々の結果とは思いましたが、ここまでスローになるとはなあ。粘ってくださいと言わんばかりのペース(笑) ただ、ここで2着とは言え負けたので、本番もまた今回ぐらいの人気で落ち着きそう。ゴールドアクター、サウンズオブアース、シュヴァルグランよりは不人気でしょう。また5人気ぐらいか。好走しても好走しても人気にならないので、買い続けている人は笑いが止まらんでしょうね。俺はあんまり買ってないのでむしろ泣いてますが。

 3着でしたが+14kgで5ヶ月ぶりの実戦。それで最速の上がりを繰り出してのショウナンパンドラが内容的には一番良かったんじゃないでしょうか。次がVマイルのようですが、今回のような競馬ができれば、これはもう勝ち負けでしょう。ヌーヴォレコルトとは勝負付けがついたと思います。ヌーヴォは2kg軽かったのに、3番手といい位置にいたのに。で、ショウナンパンドラどころかイスラボニータにも交わされる始末。去年の春(中山記念)はねじ伏せたのにね。馬も鞍上も下り坂?

 タッチングスピーチはイメージほどに切れる足はなかったようですが、それでも長期休養明け2戦目の8歳馬の半馬身前で、ここ1ヶ月で3走目のアクションスターにクビ差先着されるのはヒドい(笑) そもそも、俺は散々F騎手に否定的なことを書いておきながら、買って外れる始末。「Fだから」それだけで切っていることが多いのに、なぜ買ってしまったのか。猛省したい。タッチングスピーチを切ってキタサンを買えないわけないんですよね。もっと考えないとダメだなあ。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年東京スプリント展望 | HOME | 16年大阪杯展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |