ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年東京スプリント展望

 多少、交流重賞は間隔が空きましたが、今週は東京スプリント、来週はマリーンCと続きますし、GWは毎日が重賞です。勝ちまくれば嬉しい悲鳴で、負けまくれば阿鼻叫喚。いずれにせよ叫ぶことになりそうです(笑) 週半ばから1週間ほど地元から離れるので、早めに予想を挙げていきます。今年で交流重賞としては8回目と歴史の浅いレースです。

 過去7回で馬券に絡んだ地方馬はフジノウェーブ(09年3着、10年2着、12年2着)、コアレスピューマ(11年3着)、スターボード(12年3着)、ラブミーチャン(13年優勝)、アルゴリズム(14年3着)と5頭で8回。3着が多いですね。

連対しているフジノウェーブ、ラブミーチャンはJpnI馬で、実績的にもそもそも上位。南関勢のフジノウェーブもコアレスピューマもスターボードも前走を勝っていた。アルゴリズムは転入緒戦。転入緒戦でなければ前走を勝っていないとダメ。他地区馬ならJpnI馬……とまでは言いませんが、交流重賞の1つは勝っているようでなければ期待はできない。さて、これに合致する馬が今年はいません。南関馬は高齢馬ばっかりだ。これだと地方馬最先着が高知のスクワドロンとやらになっても驚けない。前走が黒船賞5着と中央馬相手でも掲示板に載ってますしね。この面子ならまず中央馬決着で決まりでしょう。たとえA2やB1でも連勝中のような南関馬がいたら3着で面白かったのになあ。

 フジノウェーブが3度も馬券になっているのは先述したとおりですが、セイクリムズンも3度馬券になっていますし、ノーザンリバーとセレスハントも2回馬券になっていて、リピーターがかなり強いレースです。ダートのスプリントは選べるほどレース数が充実しているわけでもないし、毎年同じようなローテになりがちなので、同じ馬が何度も来るのでしょうね。今年の中央馬では昨年の勝馬ダノンレジェンドが連覇をかけて出走。グレープブランデーは去年4着、ほかの3頭はこのレースの出走はありません。

◎ダノンレジェンド
○ブルドッグボス
▲コーリンベリー
△レーザーバレット

 ◎のアタマはかなり堅いと思われます。このコースで2勝2着1回。昨年のJBCでコーリンベリーを捕まえ切れませんでしたが、当時より斤量差が1kg詰まっていますし、目下の勢いを考えれば、連覇は濃厚。ただ、1人気馬は軸としては信頼できますが、過去の結果を見ると惜敗はありえます。馬券としては◎=○▲-○▲△の3単8点。◎○▲なんかで決まると微妙にガミるおそれもありますが、○▲がアタマならそこそこの配当も見込めそう。
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年マリーンC回顧 | HOME | 16年大阪杯回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |