ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

迷物的名物~16年関西旅行記1

 5泊6日の旅でしたが、終わってしまうとあっという間だったなあ。長旅、それも愛車の銀デミを駆っての旅だったので、非常に疲れましたが、非常に楽しかった。16年ぶりの西日本だったし、富山や福井、愛知県には初めて立ち寄りました(石川、三重、岐阜、長野県はほぼ素通り) これ以上、休むわけにも行かないので、戻ってきたけれどこの歳でもまだ動ける、知らないことを知れる。限界なんてこんなもんじゃないと思いたい。2200kmも走ったのだから、福島競馬場(400km?)ぐらい下道で行くのはなんてことないな。福島や北関東を回ったことがないので、次はその辺りを訪ねたい。それでは、需要があるか知らないけど、備忘録代わりの旅行記ですが、まずルートを記したい。

4月7日 青森県弘前市(自宅)-山形県遊佐町(道の駅鳥海)-新潟県長岡市(弟宅)
4月8日 長岡市-富山県新湊市(漁港、漁師メシ)-福井県永平寺市(曹洞宗大本山永平寺参拝、越前そば)-大阪府吹田市(ホテル)
4月9日 吹田市-兵庫県宝塚市(阪神競馬場)-大阪府大阪市(梅田でちょい買い物)-吹田市(えろえろ)
4月10日 吹田市-京セラドーム(BUMPライブ)-新大阪(飲み)-吹田市
4月11日 吹田市-名古屋市(名古屋競馬場)-長岡市(弟宅)
4月12日 長岡市(弟宅、新潟県近代美術館、洋風カツ丼)-青森県弘前市(帰宅)

カキフライカレー


4月7日
ホントはもう少し早く発つつもりだったが、相変わらず寝付けずに、寝入ったのが遅かったために、家を出たのは8時半ぐらいだったろうか。本格的に出発する前に、スーパーに立ち寄り、飲み食いするものや土産を買い込む。ホントは大阪で飲んだ馬仲間のMさんにもリンゴのお菓子(デリねえちゃん用のものはついで)を買っていたのですが、ホテルに置きっぱなしで渡せなかったのです。すいません(笑)

 弘前から長岡まではもう何度も走っているので、途中で寄り道する気もありません。途中の道の駅で「カキフライカレー」を食べたぐらい。山形県沿岸部はカキなど海の幸が美味しいですから。長旅です。ここは助走に過ぎない。それとこの日は天気がかなり悪かった。雨もありますが、それよりも風がかなり強くて、山形道(日本海東北道)を走っているときなど、ハンドルで感じられるほどの横風でした(風速10mほど)

 新新バイパス、新潟バイパス(国道7,8,116号)で、帰宅ラッシュに巻き込まれたくなかったのですが、ラッシュに至る前にバイパスを抜けて、18時すぎには長岡の弟宅に到着。計画通り(ニヤリ) ただし、弟は逆に秋田県へ出張に出ており不在。まー、寝る場所さえ確保できればいいので、弟の不在は問題ない。

問題だったのはこの日の夕食。長岡名物の「洋風カツ丼」を食べたくて、弟が連れて行くいつもの店ではなく、俺は下調べしていた評判のお店へ行ったのですが、ただのかつ丼。 

俺:洋風カツ丼と言ったはずですが?
オバン:カツ丼です?と聞いたら、はいとおっしゃったので(キッパリ)
俺:まあ、言いましたが……。
オバン:(黙って立ち去っていく)

釈然としなかったが、疲れてるし、そのままかつ丼を食べましたが、俺は「(洋風)カツ丼ですね?」という意味で捉えたんだよなあ。カツ丼が1種類しかないのならそれでいいい。でもさ、ここは洋風カツ丼と(和風)カツ丼と2つを置いているんだから、確認するなら洋風ですね?普通のですね?と言った聞き方をすべきだろう。この旅で一番イヤな思いをしたのがコレ。これでは名物じゃなくて迷物(>_<) 悔しいのは、確かにおいしいことは美味しかったんだよね(笑) 950円のカツ丼だから、食べなれた「かつや」のカツ丼(500円ぐらい)と同じレベルの味じゃ困りますがね。
スポンサーサイト

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<北陸一人旅~16年関西旅行記2~ | HOME | 16年マリーンC回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |