ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年皐月賞展望

 いよいよ今週は牡馬三冠の第一戦・皐月賞です。もう桜花賞から、ライブから一週間かあ。早いなあ。正直、昨日も今日もまだ指導に周っていても、旅行気分が抜けていません(笑) それはさておき、前日夜の時点でも、サトノダイヤモンドが1人気、さほど差がなくリオンディーズ、マカヒキが続き、4人気のエアスピネルは16倍ぐらい?なんか先週のメジャーエンブレムとかぶって見えるのは俺だけじゃないはず。オッズだけではなく、その1人気馬がTRを使っていないし、乗るのはルメール。一方で、2,3人気馬は同条件の最重要TRで1,2着だった馬で、TR2着だった馬にはデムーロ。先週と同じ結果なのか?ルメールが今度は人気に応えるのか?はたまた3強以外の馬が奮闘するのか?かなり楽しみなレースです。

1. ドレッドノータス…京都2歳勝馬。母がディアデラノビアと良血ですが、中山向くのかな?休み明けとは言え、事実、前走では完敗。母も中山で、という馬じゃなかったしなあ。そもそも完調としても、今年は面子が強すぎる。

2. ジョルジュサンク…すみれS勝馬。ドレッドノータスに京都2歳では負けていますが、前走でモノサシになりそうなブラックスピネルを破っています。ドレッドノータスよりは買えると思います。

3. マカヒキ…弥生賞馬。3戦無敗。前走は京都でキレても中山でどうか?とやや軽視したのですが、33.6の脚で、前を行くリオンディーズ、エアスピネルを捕らえました。同条件で、朝日杯1,2着馬を破ったのには価値がある。デムルメから川田にスイッチですが、川田はテン乗りでも強いイメージがあるし、既に皐月賞は勝ったこともある。当然勝ち負け。

4. アドマイヤダイオウ…若葉S馬。4戦3勝3着1回。例年なら上位人気は必至と思うのですが、今年は7,8人気?穴馬扱いです。前走の内容は濃かったなあ。これにミルコが乗ってくるなら実に不気味だったわけですが、ミルコは当然、リオンディーズに乗るのでFへ……。Fは本質的にマイラー。2000を超えるGIでは信用ならん。馬は魅力あるんですけどね。

5. マウントロブソン…スプリングS馬。こちらも5戦3勝2着2回。完全連対。しかもTRのGIIを勝っていて、乗るのも外国人騎手……ですが、T.ベリー……だれ?F.ベリーなら知ってるけど。どうやら豪州のホープらしい。馬の実績ではAダイオウ以上、中山実績もある。Fよりは豪州のホープのほうが魅力はあります。3強の1角崩しは可能かもしれない。3強と未対決ですしね。

6. ミライヘノツバサ…祖母がタムロチェリー。母父シルバーチャームも長いこと、軽種馬協会七戸種馬場にいた馬。これが「近代青森産馬の結晶だー!」という馬ですね。さすがにここでどうこうは言えないですが、伯父タムロスカイぐらいの力はありそう。5歳になってOP特別やハンデGIIIを勝ったりする馬になると思っています。ミライに期待しましょう。

7. ウムブルフ…そのミライヘノツバサに負け、プロフェットにも負け。京成杯も前走500万下も中山中距離で負けているのは感じが悪い。そもそも1勝馬。

8. ミッキーロケット…これも1勝馬ですが、マウントロブソンに0.3差、ナムラシングンに0.2差、アドマイヤダイオウに0.4差。うん、若葉Sに出ていたら3着確実な馬ですな。鞍上がノリというのがいかにも不気味ですが、今回の面子で3頭にも先着、それも人気ではない馬にというのは力が足らないのでは?前走が中山で負けたというのもなあ。

9. ナムラシングン…若葉S2着。ただし、後続を8馬身もちぎっています。でも、プロフェットに0.5差(京成杯)、サトノダイヤモンドに0.6差(500万)。でも、ミッキーロケットには勝っている。なんか若葉S1,2着馬の立ち位置が見えるような気がします。

10. トーアライジン…ダート馬。

11. サトノダイヤモンド…きさらぎ賞馬。3戦無敗。どれもが楽勝。しかも、前走の時計がすさまじいものがあります。重馬場でも勝っているのでパワーもあるんでしょう。ただ、王道路線の馬と走っていないんですよね。ナムラシングンやアドマイヤダイオウよりは上。それは言えますが、リオンやマカヒキより上かは分からない。エアスピネルより下かもしれない。それでこの人気なら美味しくはない。ルメールもツキがなさそうで(笑)

12. リスペクトアース…新馬でマウントロブソンを破ってますが、半年前の話。その後は負けまくり。特に前走で、アドマイヤダイオウとナムラシングンにまるで歯が立たなかったのが現状の力じゃないでしょうか。前走の1,2着馬でも通用するか微妙なのに、この馬では厳しい。

13. プロフェット…京成杯馬。同条件の重賞を勝っているのは魅力ですが、間隔が空いているのは微妙。弥生賞の時計を考えると、前走から2秒は詰めないと勝ち負けできない。キツいんじゃないでしょうか。

14. ロードクエスト…新潟2歳勝馬。去年の夏の勝ちっぷりは鮮烈でしたが、新潟ですしね。今、中山でキレで勝負しても到底マカヒキに太刀打ちできるとは思えません。かと言って前で競馬してもどうなのか?前走で、前で競馬できるか試してほしかった気もします。賞金的には足りそうだったわけですし。

15. エアスピネル…デイリー2歳勝馬。朝日杯2着、弥生賞3着。しかも、母がエアメサイアという超良血。しかし、母が苦渋をなめさせられたシーザリオの子に、息子も連敗。歴史は繰り返すのか……。この馬自体は例年なら普通に上位人気、勝ち負けできていいだけの馬ではあると思いますが、今年は相手が強い。ただ、サトノが意外と強くなかったり、リオンやマカヒキに不利があったりすれば2,3着はなくもない。ソツなく立ち回れる巧さがある。

16. リオンディーズ…2歳王者。弥生賞2着。乗るのはGI請負人のミルコ。皐月賞は既に4勝もしてます。良い意味で異常だ。母はジャパニーズスッパァーーーッスタッァァーセッッッザリオー。兄もJC圧勝のエピファネイア。ただ、その兄は皐月賞2着でした。兄の雪辱を果たせるか?コースも距離も問題ないのは証明されている。兄よりは制御が利きそう(ミルコだからそう見えるのかもしれないが) 勝ち負けでしょう。

17. アドマイヤモラール…こんな成績じゃどうしようもない。

18. ディーマジェスティ…共同通信杯馬。未勝利でマウントロブソンを破ってもいます。ただ、中山と札幌では勝ちきれず府中で2勝したことから、中山はこなすだけで向いているとはいえないのかもしれない。ドゥラメンテやイスラボニータが共同通信杯から参戦して勝っていますが、間が開いているのがどうなんでしょう?3強と走ってないので未知の魅力はあり、穴人気はしているようですが。

◆チェックポイント◆
・前走・弥生賞で5着以下:いない
・前走・スプリングSで4着以下(京成杯勝馬を除く):ドレッドノータス、ミッキーロケット、アドマイヤモラール
・前走・若葉Sで6人気以下:いない
・前走がTR以外の重賞で3着以下:トーアライジン
・前走がTR若葉S以外のOP、500万下:ウムブルフ
・前走で1秒以上の負け:トーアライジン、リスペクトアース、アドマイヤモラール
・3ヶ月以上の休み明け:いない
・中2週以内:ミライヘノツバサ、ウムブルフ、トーアライジン
・キャリア3~9戦ではない:いない
・ 重賞未勝利馬かつ、中山芝に出走済で3着内の実績がない:ミッキーロケット、ナムラシングン

残ったのは、ジョルジュサンク、マカヒキ、アドマイヤダイオウ、マウントロブソン、サトノダイヤモンド、プロフェット、ロードクエスト、エアスピネル、リオンディーズ、ディーマジェスティの10頭。半分にも絞れていません(笑)

◎リオンディーズ
○マカヒキ
▲サトノダイヤモンド
△マウントロブソン
△エアスピネル
△ディーマジェスティ

 3強と言われていますし、サトノもマカヒキも3戦無敗。リオンディーズは前走で惜敗。ですがね、だからこそリオンディーズを本命にしたい。こういう競馬だと惜敗する(特に対マカヒキ)というのをミルコが把握しているのは大きい。それは先週の桜花賞がそうであったように。対サトノはわかりませんが、またもマカヒキに負けるミルコじゃないと思います。事実、リオンに勝っているマカヒキは侮れません。

 3強と言われていても1角が崩れるのも、先週の桜花賞を例にするまでもなく、数え切れないほど見てきた。そもそも3強の3複なんて買えない。それで決まったら仕方ない。一角崩れるのなら?当然、人馬ともにソツのないユタカ&エアスピネルが筆頭。あとは未対決の重賞馬・マウントロブソンとディーマジェスティでしょうか。3強に人気が寄っているので、エアスピネルが食い込んでも15倍は見込めそうですし、マウントロブソンだ、ディーマジェスティなら30倍強か?

 馬券は3複Fで◎-○▲-△△△で6点。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年皐月賞回顧 | HOME | BUMP OF CHICKEN「BFLY」大阪公演~16年関西旅行記4>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |