ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

取材で八戸へ。

 このところ日記を書いていませんでしたが、ややバタバタしていたのと、何より騒音がつらくて書けていませんでした。3月半ばから新築住宅が建造中で、俺の部屋の窓から真向かい10m弱で、ショベルカーだダンプだトラックだとガーガーガー、ドゴーンドゴーンと大騒音でしたわ。基礎が固まったようで、ショベルカーやダンプは来なくなりましたが、トラックの台数は増えており、カンカンカンと今度はかなづちの音が響いてます。まあ、重機と比べればだいぶマシですがね……ただ、どk……もとい建設作業員の人たちの話し声自体がかなりデカいので、それもまた俺の寝起きを悪くしてくれます。まあ、仕事柄、大声でなければ勤まらんのでしょうが。あと2ヶ月はかかるんだろうなあ。俺の生活リズムも一般的なリズムとはかなりズレているので、なおさら堪えています。我慢の日々は続きそうです。

 もう先週の話になってしまいますが、オヤジの取材のアシ(脚、アシスタント)で、八戸まで行ってきました。近場ならオヤジは路線バスの年間フリーパスを買って持っているし、仙台までなら俺も付き合いきれませんが、八戸までは路線バスは無理だし、俺も行くほかなくなりました。新八温泉(健康ランド的温泉)で一泊しています。レストルームのリクライニングシートで寝ました。枕が変わるとただでさえ寝つきの悪い俺はなおさら眠れないのですが、この日はけっこう眠れましたね。温泉に長く浸かった後に、いくらか酒を飲んだのでそれが良かったのかもしれません。オヤジは移動中に、電話して友人を呼んでおり、結果的にねぶ父子は晩飯をゴチになっています。俺はたいへん恐縮してしまったのですが、その友人の方はそれなりの地位の方で、マニーもお持ちなので問題ない……のかなあ?この取材をまとめた本はたぶん秋頃、発売になると思います。

 弘前から八戸へ行くのに、東北道からみちのく有料道路……なんてものを使いません。大阪まで行くのに、一部(日本海東北道の山形県区間)を除いて、有料道路を使わなかった俺が、八戸へ行くのに有料道路を使うわけがない(笑) 普通に八甲田山超えです(R102,R394、R103)。そもそも有料道路は遠回りになるので、八甲田山を突っ切ったほうが早いのもあります。そんな八甲田山中でしたが、10日ほど前は、道路脇の雪が最大で3mほど積もっている場所もありました。天気にも恵まれ、ドライブにも良かったなあ。助手席に座っているのが、若いねーちゃんとかだと楽しいですが、オヤジじゃあなあ(笑) まだ山中のブナの木々も色づいてはいなかったけれど、青い空に白い雪と色づく前の木々のコントラストはキレイだなと思いました。あと、春スキーを楽しんでいる方を車窓から見かけることもありました。
スポンサーサイト

テーマ:つれづれ日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年天皇賞・春展望 | HOME | 『かえる』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |