ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年かしわ記念展望

 今日は船橋でかしわ記念が行われます。これがJpnIでいいのか?と思える年もありますが、今年は豪華メンバーがそろいました。中央5頭はいずれもGI/JpnI馬ですし、大井のハッピースプリントもJpnIですので、実に出走馬の半数までがGI/JpnI馬です。まあ、頂点を決める一戦なのですから、本来、そうあるべきなのですが。ごちゃごちゃ書くまでもなく、ブランクヴァース、クレバーサンデー、タッチデュール、メジャーアスリートの4頭は他馬がみな故障するとかでもしないと馬券になるはずがない。論外。タイムズアローは前走で船橋1800の重賞を勝ってはいますが、2走前でソルテに、3走前にハッピースプリントに完敗しており、これも99%ありえない。中央の5頭とハッピースプリント、ソルテまで。7頭の短評です。

1. コパノリッキー…GI5勝馬。一昨年の勝馬でもあります。左回りのマイルはベストと思えますし、最内を引いたし、揉まれ弱いところがありますし、これはもう行くしかないでしょう。ただ、勢いにやや陰りのみられる近走ですし、モーニンやベストウォーリアにマークされる流れはラクじゃないかもしれません。

2. ハッピースプリント…去年の3着馬ですが、正直、中央の一線級相手では底が割れてしまったと思います。去年で3着。今年は明らかに去年より面子がそろっています。この馬自体の臨戦過程も去年のほうが良かった。年内未出走というのはなあ。今年は掲示板に載れたら健闘と言えるように思えます。

3. サウンドトゥルー…昨年の東京大賞典馬。昨秋からの充実振りは素晴らしいですし、コパノリッキーやホッコータルマエと互角以上の力があるところを示しています。船橋も昨年の日テレ盃を勝っている。ただ、距離を伸ばして実績を挙げている点がやや気になります。

4. ベストウォーリア…昨年の2着馬。南部盃2勝。左回りのマイルがベストなのは疑いようがない。ただ、南部盃で破ったのがタガノトネールではあまり威張れないし、前走はモーニンに完敗している。鞍上に地の利があるので、それを活かしてどこまでやれるかでしょうか。

5. ソルテ…7連勝中、重賞も6連勝中の南関のマイル王が満を持してJpnIに3年ぶりの参戦。しかし、時計がないんですよね。1分39秒前後ぐらいで。もちろん、ここ最近は圧勝ばかりで最後は流しています。だから、時計を詰める余地は大いにありますが、2秒も詰められるだろうか?

6. ノンコノユメ…昨年のJDD馬。ここ2走もGIで鬼脚を見せ付けるも2着まで。なんかエンジンかかるのに時間かかる感じがします。ターボラグのある昔の軽自動車みたいな……(笑) 直線の短い船橋で届きますかね?もちろんルメールもそんなことは分かってるから、位置取りを考えるでしょうが、脚質面で不安があるのは否めない。

11.モーニン…今年のフェブラリーS馬。着差はそれほどでもないけれど完勝でした。やはり前々で競馬ができるのは大きな強み。ミルコがスタートで出遅れさえしなければ、まず勝ち負けだろうと思います。正直、まだ底を見せていませんしね。

 ソルテ、ハッピースプリントが馬券に絡む可能性もないとは言いませんが、十中八九は中央馬が馬券圏内独占かと思われます。この10年で馬券に絡んだ地方馬は、昨年のハッピースプリント(5人気3着)、フリオーソ(10年5人気2着、11年2人気1着、12年1人気2着)、アジュディミツオー(06年1人気1着、07年3人気2着)、ディープサマー(07年7人気3着)と4頭いますが、4頭ともグレードレースを勝っています(ディープサマーは芝だが) 連対した2頭は既にJpnIを勝ちまくりであり、実績も人気も中央馬と互角以上。傾向的にはソルテも無し。

◎モーニン
○ノンコノユメ
▲ベストウォーリア
△サウンドトゥルー

 1人気馬は過去10年で馬券を外したことがありません。3連の軸と見るならモーニンでいいと思います。 かきつばた記念と同様ですが、順当に収まるケースが多いですし、リピーターが多いです。そういう意味ではベストウォーリアは外せません。コパノリッキーも一昨年の勝馬ですが、近況から軽視。どれかは切らないとガミ確実ですしね。モーニンからの3複3点を考えていますが、それでもガミりそうな気もしますし、その場合はサウンドトゥルーも切って、馬複2点でしょうか。いくらなんでもそれならガミらないでしょうしね。
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年かきつばた記念&兵庫CS回顧 | HOME | 16年かきつばた記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |