ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『りんごの唄』

『りんごの唄』

桜が散ってしまっても

代わりにりんごの花が咲く

津軽に春を告げるのは

桜の花びらだけじゃない



りんご畑の中を突き抜ける農道

満開の花が咲き乱れる両側の沿道

愛車と共に駆け抜けたい僕の衝動

寒く長い冬の鬱憤が解き放たれる



乳白色の花びらは

やがてピンクに受粉する

人手や機械、マメコバチで

農家の人が想いを込めて



途中で落ちるなよ

どんなに風に吹かれても

病まずに育てよ

たとえ長雨に降られても



秋の実りは全国各地で……

いや、世界がその色づきを待っている



2016年5月8日作
2016年5月12日微修正
2016年5月15日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<16年ヴィクトリアマイル回顧 | HOME | 16年ヴィクトリアマイル展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |